BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

知覧-鹿児島の作家さんの本・・・なにが「戦争」か-180602。

知覧についての本が、17~20冊。
有名な高木俊明「特攻基地 知覧」もあるが
鹿児島のちいさな出版社から出た本も、ある。
相星雅子さんという 寡聞にして存じ上げない地元の作家さんの
短いルポだ。富屋食堂と鳥濱トメさんにかんする。
読み返した。

f:id:york8188:20180602220229j:plain

華のときは悲しみのとき : 知覧特攻おばさん鳥浜トメ物語 (高城書房出版): 1992|書誌詳細|国立国会図書館サーチ


高城書房


知覧、富屋食堂、鳥濱トメさんについては、ネットなどで。

生前のトメさんは、
特攻隊の兵隊さんたちについて、あちこちで語ってきた。
「あの子たちは運命を従容として受け入れていた。
りっぱに戦って散った、神さまのような人たちでした。」
そう結ぶのがつねだった。
しかし、著者がいぶかしむように、
また、人ならばだれもが理解するように、
まさかそんなわけはなかった。
彼らは生きたかった。
怖くてしかたなくて、事態に戸惑って、
愛する人たちとのわかれがかなしくて、泣いていた。
そして飛び立った、そういうことなのだ。
トメさんは当然すべて知っていた。
しかし公には語らなかった。
「ほんとうは、彼らも死ぬのが怖かったのでしょうね。
彼らの等身大の素顔について語ってくれませんか」
著者がもちかけると、とたんにだんまりをきめこんだ。
著者は、そんなトメさんの真意をこう解釈する。
「母ごころ」(本書202ページ)。

「『特攻隊はこのように泣きごとも恨みごともいわず、
時代の要請に応え身を捨てて祖国を守ろうとしました。
しかし、その時を前にして彼等がどれほど苦しみ悩み、
生きたい気持ちとたたかわなければならなかったか、
わたしは知っています。
彼等の心中をしのぶとき、このように酷い、戦争というものが
二度とあってはならないと思うのです』
<中略>
トメさんは実はこんなことくらい百も承知だったのである。
わかっていながら故意にこの論法を採らなかった。
<中略>
彼女は特攻隊員たちの心の軌跡を口さがない世間の興味の
対象にされたくなかったのだ。」
(同 201-202ページ)

著者は、それでも彼らの苦悩と涙を語りのこしてほしかった、とする。
トメさんにこそ語ってほしかったと。
「そこに触れることを避け、暗黙の共感にとどめておくとすれば、
いつかそのことは歴史から消されていく。そして特攻の壮行だけが
ひとり歩きして戦争の温床にされかねないのである。」(同202ページ)

とはいえ語らせなくちゃいけない法もない。
人がやりたくないものをムリヤリ、的な、
力でいうこと聞かせる系のアレが、まさに戦争をひきおこしたんだぞ! 
とかそこまでいうつもりもないが人の心はだいじだ。
人の世界を回すのは人の心だから。
「私が見せてほしいのはあなたの胸の引き出しの中ですよ。
<中略>隠してあげているつもりのガラクタ屑こそ最も真実で
美しいものですよ」(同20ページ)
当初こそそう考え、トメさんがその気になるのを待ったと振り返る著者も、
最後にはトメさんのきもちを尊重したようだ。
周辺取材から、先述の結論をみちびくにとどめている。
力ずくでも「真実」を、それがジャーナリストではあるだろう。
わたしごときに
「寡聞にして存じ上げない鹿児島の作家さん」とかいわれるゆえんは 
「『力ずくでも』ができない方の人」という点にあるのかも、語弊しかないが。
でも、わたしはこの本が好きだな。まなざしがやさしい。
若かりし頃のトメさんの姿は、島尾ミホをおもわせる。
・・・
そういえば「帰還せず」にも、似たくだりがあった。

www.shogakukan.co.jp


アジア戦線に送られた兵隊さんで、
敗戦をうけ復員命令がくだったにもかかわらず
自分の意思で、国に帰らないと決めた人がいた。
その人たちを、のちに著者が訪ねて、取材したものだ。
インタビューに応じたかたのなかに、
上官たちが「あること」をする現場を偶然目撃し、
それで、国には帰るまいと決めた、と語った人がいた。
「あること」の内容は不明だ。本人が明かさない。著者は、
「どれほどか帰りたかったろうに、しかし帰らじ、
一個の男にそう決断させたほどのこと。
それさえわかれば、むりに聞かなくてもいいではないか」
といったことを述べている。
・・・

特攻隊=「戦争」とは理解しない。
戦死より病死が多かったというレイテやサイパンインパール
それが戦争だ、と言われると反論したい。
「おなかがすいて妹の粉ミルクを毎日こっそりなめていた」
的なエピソードがあたかも「戦争」の象徴のように語られることも
腑にはおちない(そりゃ「戦争」ではなく「飢え」のエピソードだ)。
群盲象を評すとかいうけど・・・。

「戦争」をしないため、「戦争」を知るべき。
それはそうかもしれない。まちがっているとまではおもわない。
しかし、体験してないから正しく考えられない、決められない。
なんていうのでは、この場合お話にならない。
やったことはないけど、でもしない、と決断するべきことのはずだ。