BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

文字通り耳が痛い・・・/映画いっぱい観る計画をザツに始動-201120。

1週間くらい前から右耳のなかが痛い。
それと関係しているのかめまいと頭痛と耳鳴りもかなりひどい。
昨日、ためしに鎮痛剤をのんでみた。
すると、痛みもめまいも頭痛も耳鳴りもピタリとおさまり、
世界がとても静かになった。
鎮痛剤には炎症をおさえる成分が入っているはずだ。
これを飲んで、症状がおさまったということは、
やっぱりなんらかの炎症と思われる。

きょうは、もう薬を飲んでいないのだが、
昨日に引き続き、耳の中の痛みや頭痛はおさまっている。
でも、耳鳴りとめまいは復活してしまった。
ウーン そう一筋縄ではいかないか・・・
これから夕飯を食べるので、
そのあとでまた薬を飲んでみようと思う。
この調子でだましだまし行きたいというのが本音だが
まあ様子を見て やっぱりダメだなこれはと思ったら
しかたがないので病院に行くつもりだ。

これから映画館に行って『ばるぼら』を観る。

帰宅してまた余裕があったら
もう1本くらい 映画を何か観たい。

自分が観たいと思う映画を観ていると、
何か、かたよりが出てしまう気がして、
かたよることが、あまり良くないのではないか、
という気持ちもあるので、
何か一定のカテゴリでとにかくバンバン映画を観る、
ということをやろうとも思っている。
そんなわけで世界三大映画祭、
すなわちカンヌ、ヴェネチア、ベルリンの
歴代の最高作品賞を
できるだけ年代順に、観られるだけ全部観る
というのにトライし始めた。
でも早くも
その映画祭が創設された、第1回の年の
最高賞なんかは もう古すぎて
DVDとかVHSとかさえ入手困難みたいな
事態が生じていて なかなか難しい。
でも 順番にはムリでも
とりあえず入手しにくいものはとばして次の年のを観て、
入手できしだい、とばしたものに戻ってキャッチアップ
という風にしていく感じだ。

まあしょうがない。
別に誰に頼まれたわけでもないので
そんな感じで良いだろう。

年代順に、全部、
というのは、どんな分野のものでも
本当に難しいものだ。

スタンリー・キューブリックみたいな
完璧主義の寡作で、
発表した作品の数が多くない監督のものでも
最初期の、自主製作の作品なんかは
到底お目にかかれそうにないから
コンプリートはほぼ不可能なのだ。




映画の感想-『失われた週末』-201119。

原題:The Lost Weekend
ビリー・ワイルダー監督
チャールズ・ブラケットビリー・ワイルダー 脚本
チャールズ・R・ジャクソン 原作
1945年、米

f:id:york8188:20201120170802j:plain

www.youtube.com

売れない作家が宿痾のアルコール依存症に苦悩し
葛藤する姿を描く物語だった。

恋人ヘレンの優しさすこやかさに、観てるこっちが救われた。
主人公の兄が、序盤だけ出てきてすぐ退場してしまったのが
残念だった。
良いキャラクターだったと思うのでずっと出てきて欲しかった。
ヘレンもキャラクターとして不可欠ではあるのだが、
主人公の兄は、弟の生活の面倒を何から何までみて
一番苦労している人なので
彼と主人公の関係をもっと掘り下げて描いてくれたら
アルコール依存症患者を家族に持つということ」について
もっと詳しく観ることができたと思う。

人の弱さ、
人が弱さをさらけだすこと、
弱い人が一生懸命ちゃんと生きようともがくことを
描いていた映画だった。

主人公は最終的に自殺を考えるまでになるのだが、
彼の異変に気付いたヘレンが、
懸命に思いとどまらせようとする
終盤のシーンが、とても良かった。
何が良かったと思うかと言うと、
大げさなことをしなかった(泣いたりすがったり叫んだり)所と、
すごく空虚だが、でも必死な、言葉の応酬がなされた所。
ほんとうの絶望の淵での闘いって
案外こんな感じなんじゃないかなあ。

この映画のなかで繰り広げられることは、
多分これでもかなりマイルドな描写にとどまっていたと思う。
本当のアルコール依存の地獄は、こんなものではないはずだと想像する。

だから、わたしは、この映画の全部が「リアルだった」
と思っているわけではない。
でも、あの終盤の、自殺するしないのシーンだけは
わたしは結構、納得がいった。
リアルな所を描き出そうとしているな、と思った。
案外こんなもんだろうな、というのがわかる気がした。

映画の感想-『アンナ・カレニナ(1935年)』-201118。

原題:Anna Karenina
クラレンス・ブラウン 監督
クレメンス・デーン、ザルカ・ヴィアテル、S・N・バーマン 脚本
レフ・トルストイ 原作
1935年、米

f:id:york8188:20201120164253j:plain

www.youtube.com

原作とはかなり違う感じの話になっていたが
1時間半で短く良くまとまっていたような気がする。

宴席で軍人たちが合唱する所や
強い酒の飲み比べをする所や
ダンスパーティーの場面などなど
あきらかにムダだが華やかな
ちょっとミュージカルっぽい場面が盛り込まれているのも
この時代らしい感じがして観ていておもしろい。

どのバージョンの『アンナ・カレーニナ』でも
キティはいつもとっても初々しくて カワイイ。

やっぱりもうちょっと
アンナがブロンスキーに魅かれていくことの
背景(夫との仲が冷え切っている、など)を
しっかり描いておいて欲しかったような気がする。
映画のなかの「恋愛」を観ると決まって思うことなのだが
「その恋が燃え上がらずにはいられなかった理由」
みたいなものがまったくわからない
(あるいは「全然納得できない」)ことが非常に多い。
なんで好きになったのかなーとか 
なにが良くて駆け落ちまでするのかなーとか
はたで見てても全然わからないのだ。
この映画でも全然わからなかった。
原作を読んだことがあるので、
そのへん、一応理屈としては知っているのだが
理屈とかそういうことではなくて 
ふたりが強くひかれあってしまう必然というか・・・
そこがわかるように描いてくれる恋愛映画って
ないのかなーと思う。
もしくは「理由とかわかんないけどとにかく好き」
なんだなと、納得がいくように描写して欲しい、というか。

かたっくるしくてクソ真面目なカレーニン役を演じた
ベイジル・ラズボーンはとても良いと思った。
レーニンの性格を良く演じている気がした。

終盤のあの有名な列車のシーンはとても良かった。
グレタ・ガルボに釘付けだった。

グレタ・ガルボは芸能界を引退した1941年の段階で
確かまだ35歳だったはずで
この『アンナ・カレニナ』は1935年だから
ということは 29歳とか30歳とかだったのか、
この映画の時。
もっと年上のお姉さんに見える。
大人っぽすぎないだろうか。

なんだか氷のような 美しさだよなと思う。

それに、どこか、心ここにあらず的な感じを受ける。

映画の感想-『クレイジーホース パリ 夜の宝石たち』-201117。

原題:Crazy Horse
フレデリック・ワイズマン 監督
2012年、仏・米合作

f:id:york8188:20201120155154j:plain

www.youtube.com

この前観た、
パリ・オペラ座のすべて』というドキュメンタリー映画
とても良かった気がしたので、
同じ監督の別の作品を探して観てみた。

オペラ座と同じパリにある
老舗キャバレー「クレイジーホース」に密着した
ドキュメンタリー映画だった。
イヤー これはすごく良かった。
女性たちがとてもきれいで、
ショーアップのセンスも抜群で、女のわたしもため息でた。
多分ナイトクラブのショーで
ここまでやる所はまずほとんどないと思う。
クレイジーホース・パリは多分、
孤高にして最高峰、という感じの存在なのではないかと
想像する。
パフォーマンスの内容やダンスを考える人も、
衣装デザイナーも、支配人も、
みんな良い歳の大人たちだった。
余興とかそういうのではなくアートを
やろうとしている人たちなんだろうなと思う。

パリ・オペラ座のすべて』もそうだったが、
ナレーションとかはまったく入らず、
とにかくただ淡々と、ゆっくりと、
撮影の対象となる人びとやできごとを
撮っていくというスタイルだった。
メッセージやら言いたいことを押し付けるのではなく、
これという「ストーリー」が用意されているわけでもない。
ただ見るだけだ。
だけど、観ていてとてもおもしろい映画だった。 

ダンサーの女の子たちが、
ほぼ全裸で楽屋をあっちこっち歩き回る姿が
映像の加工もなしにのっけからバンバン出てきて
最初はびっくりした。

楽屋で、みんなでバレエのNG集か何かの映像を観て
「床が滑るのね」
「重くてリフトできないのね」
とか言ってキャイキャイ笑ってる女の子たちが
とっても可愛かった。

「革新的なステージを創造する時間を確保し
  英気を養うためには 休暇が必要なので
 しばらく店を休業したい」
と芸術監督がムチャを言い出し
支配人の女性が 株主がうんと言わない、と
あわてているのがおもしろかった。

ダンサーの衣装を作っているのは
けっこう年配・・・70代くらい? の小柄な女性だった。
セーラーカラーとかの、可愛い洋服を着て、
ブロンドの髪の毛をラフなアップにしていて、
いかにもおしゃれなフランスのマダムって感じの
可愛らしい女性だった。
彼女が芸術監督に苦言を呈する所をとらえた場面があった。
芸術監督が舞台のプランを気まぐれにコロコロ変えて、
2人で踊るはずだったのに当日急に1人にすると言ったり、
振り付けを変えたりし、
しかも事前にちゃんと会議を行わずに
もうどうしようもないというタイミングで急に変えるので、
衣装や照明などのバックステージが非常に混乱するという。
「女の子たちの身にもなってあげて。
 見ず知らずの男たちの前で大開脚するのよ。
 彼女たちにまともな衣装くらい作ってあげたいわ。
 でも忙しすぎて本来の仕事に集中できないのよ」
「会議を毎週●回必ずやる、という約束は
どこにいったの? 今月はまだ1回もやってないわ」
ちっちゃくてキュートなマダムが
そんなことをビシバシ言うのがなんか可愛らしかった。
芸術監督よりもこのデザイナーの方が明らかに年長で
「この前、プランを急に変えたのは確かに僕の責任だよ
 あれは悪かったと思ってるよ。素直に謝るよ・・・」
さすがの芸術監督もたじたじで笑えた。

女性ダンサーたちが割と、
あのダンスは好きじゃないとか、あれはやりたくないとか
そういうことをハッキリ言うのが観ていておもしろかった。
でも、ある女性が
「実はわたしあの振り付け好きじゃないの」
と言った時、
コーチが
「好きじゃない割にベストを尽くしてて、
 ステージでは完璧だったじゃないか。さすがだよ」
とか上手になだめていて、うまいなあと思った。

新しいダンサーのオーディションの風景が
観られたのも良かった。
応募者のどういうところを重点的に見ているのか、
採用基準がなんとなくわかって興味深かった。

映画の感想-『パリ・オペラ座のすべて』-201116。

原題:La danse - Le ballet de l'Opéra de Paris
フレデリック・ワイズマン 監督
2009年、仏・米合作

f:id:york8188:20201117165807j:plain

www.youtube.com

フランスのパリ・オペラ座バレエ団に密着する
ドキュメンタリー映画
今までに観てきた何本かのバレエ映画のなかでは
一番長かった(160分)し、
一番、話に起伏がなかった。
単にオペラ座の練習風景を淡々と、ただ淡々と、
撮っているだけの映画だった。
でも、これまでに観てきたバレエ映画のなかで
一番、観ていて面白かった。
人間の体があんなにしなやかに、
あんなにいろんな動きをするということが、
興味深く思えてしかたなかった。
いくら観てもちっとも飽きなかった。

他のドキュメンタリーでも見かけた
エトワールのアニエス・ルテステュが
この映画にも出ていて、
練習中に、コーチに、
「そこは腕の位置が低すぎるからもっと上に」
というようなことを言われる。
(逆だったかも。高すぎる、だったかも。)
だが、アニエスは今までずっと同じ個所について、
「高すぎるから低く」と真逆の指示を受けていたらしく
「初耳だわ。今まで(先生は)ずっと、
『高すぎる』と言っていたじゃないですか」
と 心外そうな顔をしていた。
だがコーチはそんなの気にもせずに
「いやあ違うよ、そこは低すぎるんだよ」
と シレっと指示を変更していた(笑)
踊る方は汗だくなので、大変だなと思った(笑)

ギリシャ悲劇の『王女メディア』の物語と思われる
コンテンポラリーダンス
舞台リハーサルのシーンがとても美しかった。

経営陣が、高額出資者への特典の内容を相談する所や、
ダンサーが芸術監督に役柄の不満を打ち明ける所など、
バックステージの現実的な所を垣間見ることができて
おもしろかった。
コール・ド・バレエの練習風景の場面では、
「コーチに見えてない」と思ったのか
あきらかに踊りをサボってる
メンバーの姿もしっっっかり映っていた。
(見えてないようで多分見えてるぞ・・・)
なまけるバレエダンサーなんて、
他のバレエドキュメンタリーでは
一瞬たりともみかけなかったので、
バレエの人はみんなひとりのこらず
すごく勤勉で、誰に言われるでもなく
自分から練習し、意欲的なんだと思ってた。
でも、やっぱりサボりたくなることがあるんだろうし、
サボる人ってのはいるんだなと思った。

映画の感想-『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』-201111。

原題:Bolshoi Babylon
ニック・リード監督
2015年、英国

f:id:york8188:20201115124519j:plain

www.youtube.com

3日くらい前に観た。

華麗な舞台の、裏側を垣間見ることで、
「ロシアとはどういう国なのか」ということを
多少 感じ取ったような気がした。
怖いな この国(笑) この国の人たち(笑)。

きょういちにち。

午前中は洗濯をした。

 

また、ここ数日、少し体調に

不安があった時があった。

今までなかった感じの不安と戸惑いだった。

もう、いまは大丈夫なのだが、

わたしもこれでかなり良い大人なので

年齢的にいろいろ起こったとしても

本当は少しもおかしくないのだ。

とりあえず体調管理を基本から

ちゃんとしていこうと思い立ち、

基礎体温計(持っていなかった)を

ネット通販で注文しといた。

 

夕方から日比谷にいき、

日本とマレーシアの合作映画

『Malu 夢路』を観た。

とてもよかった。

アッシュ・メイフェアを連想した。

この映画については

改めてもうすこしちゃんと

書けたら書きたい。

でも理屈ではなく感覚で観るほうの

映画だったので

うまく書けないかもしれないが。