BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

読書-海外

映画の感想-『特捜部Q カルテ番号64』-200410。

『特捜部Q』シリーズ第4作。シリーズのなかではこれが一番良くまとまっていて、スリリングでおもしろかった。カールが心配。

映画の感想-『特捜部Q Pからのメッセージ』-200409。

『特捜部Q』シリーズ第3作。緊張感は十分でそこそこ通俗的なのが良い所。

他ブログ更新中-『ドクター・スリープ』レビュー-191224。

www.une-cabane.com シャイニングもぜひ観てみてね

アンナ・カヴァン「上の世界へ」を読んで今思うこと-191025。

「上の世界へ」。

映画の感想-『特捜部Q キジ殺し』-190926。

『特捜部Q』シリーズ第2作の映画化。第1作よりも数倍おもしろく感じた。

読書感想-『特捜部Q 檻の中の女』-190922。

このまえ映画を観た。今度は「キジ殺し」を観てみよう。

映画の感想-『特捜部Q 檻の中の女』-190904。

※ネタバレぎみ※ デンマークのクライムサスペンス小説の映画化。オーソドックスだったけど、楽しく観た。

他ブログ更新中-『クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅』レビュー-190822。

ちょっと前向きな気持ちになりたいときにおすすめの映画です

他ブログ更新中-『アガサ・クリスティー ねじれた家』レビュー-190610。

いろいろ難は感じたが終盤がすべてを救っていた気もする

花粉/太宰治『斜陽』『満願』/だんごむしからのカフカ『変身』-190306。

自分がだんごむしっぽかったから「変身」読んでみたりした

雪/フラッシュバック/スピノザ「エチカ」-190209。

スピノザ 友だちが話してたのでわたしもまた読んでみた。わからないなりにわかってきた。

きょう一日/英語ききながし/「中国低層訪談録」-190127。

一日寝てた。作業用BGMとしての英語リスニング。めったに読まない現代中国の本。

カギこわれる/スウェーデンボルグかけめぐり-190108。

今朝 玄関のカギこわれた。本をたのしく読んでる。そんな日々。

あしたから仕事だ-190106。

せっかくの冬休みだけど 頭が痛む日なども多く 寝ている時間が長かった。新年も6日になって、 はじめて何冊か本を読んだ。 アレクシス・カレルというお医者さんの 聖地ルルドについての本と 人間、この未知なるもの という本がおもしろかった。 図書館でなん…

居場所/古書店で本を買う/モレスキン-181221。

居場所を増やしていかなくちゃいけない。可及的すみやかに移動する必要がある。いずれにしてもこのままやっていくことは難しい。わたしがそこにいる、ただそれだけでも当然のことながら周囲に影響がでる。ほかの人の居心地をわるくしたり動くにくくさせてい…

本を探す。-181206。

全国の図書館の蔵書を横断検索できる「カーリル」というWEBサービスがある。 calil.jp 自分が住んでいる自治体の図書館に限って探すこともできるが別の都市のも探せるし 大学図書館のも探せる。国立国会図書館のももちろん探せる。日本全国の図書館が対象…

朝はやる気とか出さない-181112。

寝付きにくい日が、 またすこし増えてきた。 今朝、いつもよりもはやい 電車に乗ったら、ひどく混んでいて 気もちが悪くなったついでに ごぶさた!元気してた?とばかりに みじかいフラッシュバックに 襲撃された。 駅のホームでしくしく泣いて ひとしきりす…

児童期の読書-子どもらしい本を読まない子どもだった-180613。

ルーマー・ゴッデンはいいとおもうんですよ。ゲド戦記もいいし。チャペックもいい。和田誠の王さまもいい。

わからないのはバカだからじゃない-180504。

足を傷めているし 天気もやや荒れていたからここ2日は遠出をせずにおいた。本を読んですごした。ゲド戦記で涙ぐんだ。受講中のシュタイナー講座のテキストになっている、「教育の基礎としての一般人間学」「自由の哲学」にくわえて「いかにして超感覚的世界…

世界的に有名なネズミの話-180503。

Amazonで中古とかで買えるみたいです。高いけど。

『イワン・イリイチの死』考。

レフ・トルストイの『イワン・イリイチの死』の感想。なにかすごくひさしぶりに「ちゃんと本を読んだ」かんじがした。

映画の感想-『ジェイン・エア』-180407。

エミリ・ブロンテの小説の実写映画版の感想

小休止-20180326

以前、自分なりに考えてみた結果 おもいあたったことなのだけれど、わたしは心身ともに堕ちれば堕ちるほど多少ましなものが書けるようなのだ。だからいまのうちに書いとけと おもわなくもないがなんといっても体が言うことをきかないレベルの場合これは どう…

ほぼ寝てた日曜日

きのう 外出時に体調を崩してからおちつかず外出予定をほとんどとりやめて家で寝てた。近所をすこし散歩はした。帰りに図書館に寄った。クロイツエルソナタを光文社古典新訳文庫で読んでみることにした。でも まえに(トルストイじゃないが)誤訳だらけだと…

アドルフ・アイヒマン

「100人の死は天災だが、1万人の死は統計にすぎない」・・・本人「我々は誰でも等しくアイヒマンの後裔、少なくともアイヒマン的世界の後裔である。我々は機構の中で無抵抗かつ無責任に歯車のように機能してしまい、道徳的な力がその機構に対抗できず、誰も…

波がある/徒歩励行/ダーウィン、池谷裕二、バチカン/The Grateful Dead-171227。

本の感想とか。グレイトフルデッドのこととか。 本を読むことだけはちゃんとやっている。ほかのことはあまりちゃんとやっていない(^^)

オリヴァー・サックス「道程 On the Move」/ヨハネ8:3

仕事がたいへんだ。オリヴァー・サックス。自己嫌悪。

最近読んだ本の感想をちょっとだけずつ。

最近読んだ本の感想。ブコウスキー、小林泰三、中島義道など。あんまりくわしくは書いていません。

こんなような本はどうですかね。-170103。

とある方面からのご要望におこたえして個人的ではありますが 本の紹介です。 みなさんの本選びのご参考になればじつにうれしいです。ならないかもしらんけど。

読書感想-『夏の嘘』/映画の感想-『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』-160724。

ドイツの作家の短編集のこと。インデペンデンスデイをみたこと。いずれもちょっとねたばれあり。