BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

映画-国内-2000年代

他ブログ更新中-『彼女がその名を知らない鳥たち』レビュー-200401。

白石和彌監督作品『彼女がその名を知らない鳥たち』のレビューを書いた。ねたばれ的なことは書かないように注意した。原作小説もぜひ読んでみて。

他ブログ更新中-『初恋』レビュー-200316。

三池崇史監督 最新作『初恋』。DVDでも良いけどまあできればスクリーン鑑賞を薦めます。主役の窪田正孝の、表情の繊細な変化とか、注目できるので。

映画の感想-『初恋』-200311。

『初恋』好きだった。こういう映画もたまには必要。

他ブログ更新中-『アイリッシュマン』レビュー-200310。

スクリーンでも観てみようかな

他ブログ更新中-『37セカンズ』レビュー-200310。

『37セカンズ』。物語だけでなく、色使いとかビジュアル面もすごく良かった。

他ブログ更新中-『真実』レビュー-200229。

わたし是枝裕和監督の映画好きです~。

<おまけ>2019年、映画鑑賞 総括-200103。

2019年に観た映画全部リスト 5点満点で評価してみた。お気が向く方は、のぞいてみてね

2019年、映画鑑賞 総括-200103。

いや~映画って本当に素晴らしいものですね。

他ブログ更新中-『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』レビュー-191210。

本当にかなり良かったすみっコぐらしザムービー。

大阪の女の子が見つかって良かった/「すみっコぐらし」を観てみた-191124。

すみっコぐらし なかなか良かった。うわさほど強烈感動といったものではなかった気もするが。

他ブログ更新中-『勝手にふるえてろ』レビュー-191030。

松岡茉優さんの出る映画はこれからも注目していきたいですな。

他ブログ更新中-『アヒルの子』レビュー-190923。

セルフドキュメンタリー映画の秀作。

他ブログ更新中-『愛がなんだ』レビュー-190912。

恋愛映画にも良い悪いがあるが、「愛がなんだ」は、良い。

他ブログ更新中-『天気の子』レビュー-190907。

なんだか腹落ちしない「天気の子」

他ブログ更新中-『ONCE ダブリンの街角で』レビュー-190824。

こういう映画が愛される事実をかんがみると、この世もまだまだ捨てたもんじゃないなと。

映画の感想-「天気の子」-190819。

「天気の子」。解説的なことは書いてません。「言の葉の庭」は良かったなあ。

他ブログ更新中-『プロメア』レビュー-190815。

キルラキルとかの製作陣によるオリジナルアニメ

つれづれ/映画の感想-「まほろ駅前狂騒曲(2014)」「まほろ駅前多田便利軒(2011)」-190726。

「まほろ駅前」シリーズ、映画版とテレビドラマ版の回想。

映画の感想-「ザ・ファブル THE FABLE(2019)」-190719。

岡田准一と柳楽優弥・・・いい男だぜ

映画の感想-「虐殺器官(2017)」-190717。

何回観ても読んでも、わかんなくて、そこが好き。

映画の感想-「さよなら渓谷(2013)」-190709。

映画「さよなら渓谷」の感想。ネタバレにならないように気を付けたつもりだけど、バレてるかも。・・・吉田修一の小説が原作とか。読んでみたいけど「悪人」がひどかったからな。どうしようかな。

映画の感想-「勝手にふるえてろ Tremble All You Want(2017)」-190708。

映画「勝手にふるえてろ」の感想。おもしろかった。結末に微妙に触れています。

映画の感想-「エリカ38 (2018)」「愛がなんだ(2019)」-190704。

めずらしく恋愛映画なんか観てきた。

映画の感想-「貞子(2019)」-190703。

めずらしくホラー映画観た。怖くなかったのでホッとした。

映画の感想-「海獣の子供 Children of the Sea」「プロメア PROMARE」-190902。

「海獣の子供」は傑作だったと思う。「プロメア」はダメだった。

映画の感想-「ゴースト・イン・ザ・シェル(2017)」/「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(1995)」/「イノセンス(2004)」-190609。

攻殻機動隊おもしろいよね

映画の感想-「キングダム(2019)」-190426。

キングダム感想。おもしろくなかったがキャラクターの実写再現はすごくがんばっていた。原作の読者としてはニヤニヤしながら楽しめた。

映画の感想-「ヴァイブレータ(2003)」-190422。

「ヴァイブレータ」良作。

映画の感想-「蟹工船(2009)」ひどい-190321。

「チャーリー・モルデカイ」をも超える怒涛の駄作として心に刻まれた。

映画の感想-「キャタピラー Caterpillar(2010)」-190308。

「キャタピラー」好きじゃない。その理由。