BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

グレイテスト・ショーマンの1シーンにおもうこと

グレイテスト・ショーマン」を先日観たのですが。

f:id:york8188:20180318001107j:plain


主人公が手がけるショーの出演者たちが
「見られても怖くない 自分の存在を謝る必要もない
愛される資格がある これこそがわたし」
と 力強く歌うシーンがありました。

彼らはみんな、見た目にいちじるしく「ふつうとちがう」特徴がでる 
身体障害や、疾患をかかえています。
そのせいで、ずっと 周囲から
「フリークス」「化け物」などと言われてさげすまれ
嫌われ、差別を受けてきました。

ショープロモーターである主人公・バーナムは しかし、
彼らのそうしたルックスにこそ着目し 前面におしだす
奇抜なショーで 一世を風靡したのでした。
が、彼はやがて その手でいちから育ててきた 
この「フリークス」たちを ないがしろにし始めます。
さらなる成功を求め、上流社会の人びとにも
自分のことを認めさせたいと おもうようになったからです。
やんごとなきかたがたを 振り向かせるためには
「フリークス」がうごめく野卑なサーカスショーよりも
もっと正統的な それも一流の、音楽会などを開いたほうがいい。
そう考えたバーナムは、オペラ歌手・ジェニーの
リサイタルをひらき、みごと大成功をおさめます。

アフターパーティーには
バーナムが、近づきたいと夢にまでみた
上流社会の人びとが出席してくれています。
リサイタルを応援しに来ていた いつものショーのメンバーたちが
盛会をお祝いしようと やってきたのですが、
こともあろうにバーナムは 彼らが会場に入ることを拒みました。
ルックス的にきわめて目立つ彼らが どかどかと 乱入したら
せっかくきてくれた高貴なかたがたがびっくりしてしまう、と 
思ったからです。
バーナムは、「フリークス」たちの鼻先で、
ドアを閉めてしまいました。

しめ出された「フリークス」たちが
深く傷つきながらも すぐさま歌い始めたのが
先述のナンバー、「This is me」でした。

このシーンに、違和感があったんですけれど、
それがなにかは不明でした。
でも、何度となくあのシーンのことを思い返して、
なにかすこし、理解できました。

違和感とは、彼らが バーナムにうけた仕打ちから 
立ち直るのが早いなと 感じた、ということだとおもいます。
けれども、彼らはもう、あの歌をうたう準備が
とっくの昔にととのっていたので、あれでよかったのです。

目の前でつめたく 扉をとざされたあの場面。
あれはひどいものです。
あなたがわたしたちを「化け物」じゃなく「特別」なんだ、と
言ったんじゃないの。
あなたがわたしたちをこの世界に引き入れたんじゃないの。
なのに上流階級の人たちとお近づきになれたら
わたしたちはお払い箱?
あなたも わたしたちを差別する ほかのやつらといっしょね。
そんな怒りと屈辱にふるえる
彼らの姿が描かれても おかしくはなかった展開です。

けれどすくなくとも「This is me」の詞に
バーナム個人への怒りや かなしみの言葉はみられませんでした。
自分たちをいじめた人たち、彼らの考えかたそのものを
乗り越えて生きていく、と。
ほかでもないバーナムがそんな人たちのひとりでも
乗り越える、と。とっくにそう決意している人たちの歌でした。

バーナムが彼らをショービズの世界にひきこんだのは、
多分に、お金儲けのためです。
「フリークス」たちも、それを知っていたようです。
けれども、彼らはそれでもよかった。目的が何であれ、バーナムは
「あなたは生きているだけで価値がある」と言ってくれたのだし、
歌い踊る喜びや 仲間とすごす楽屋のひとときという 
かけがえのないものを 与えてくれました。
その充足感が、あの美しい歌がうたえるほどの力を
彼らの心に つちかっていたようです。
ある意味で バーナムからも巣立つ準備が できていました。

かたやバーナムが、
自身の原点といえるもののこと、つまり
わりとあたりまえのことを 思い出すのには
まだまだこの歌のあと数十分もかかりましたが。