読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

プータロー1日目 踊る大捜査線、Paul Smith

しばらくブログを書いていなかった。

ほんとうはもっとポリシーのあるきちんとした内容のものだけ書きたいとか
考えてた。
そういうものがなかなか書けなくて放置していた。

でもそんなことは気にしないでどんどん書いていこう
という気に最近なってきた。






いきなりでなんだが、9月14日をもって会社を辞めた。



本格的な無職生活がはじまった。
本格的な無職生活ってなんだ・・


先週辞めた会社に、入社したのは3年前だ。
入社がきまったときには、
それまでの半年間に味わった失業という状態そのものと、
就職活動が、ほんとにつらかったので、
もう二度とあんなのはいやだと思ったものだ。


でもいまはあのときほどには、
失業中であるところのこの身を、いやだと感じない。

ふしぎだ。

楽観してるのかわたしは。
この期におよんで(^_^)







午前中は洗濯をしてすごした。

午後から、プータローらしくのんびり、海老名にいって
踊る大捜査線THE-FINAL~新たなる希望」
本広克行監督、2012年、日本)を観た。

f:id:york8188:20161225200945j:plain



movie.walkerplus.com



たくさんお客さんが入っていて、イベントとして楽しめた。

柳葉敏郎がかっこよかった(^^)

あんな上司ならいっしょに仕事をしたい。


映画としては、ぜんぜんおもしろくなかったが
映画としておもしろい映画は、
その気で探せば他にいくらもあるとおもう。


どんなものでも、ものには
役割というものがある。

この映画の役割は、「映画としておもしろくあること」
ではないということなのだ。





夜、友だちのMちゃんが、わたしの退職祝いをやってくれた

先月、わたしの誕生日があったので
お祝いにと ポールスミスの名刺入れと、



バリ島のお土産物屋さんの
(マドチンはピアノの先生なのだが、生徒さんが家族旅行でバリ島に行ったらしい。)、ネコのかざりがついた小物入れや
かわいらしいステッカーをプレゼントしてくれた


たいせつにします。


ありがとうMちゃん。







無職2日目はまったくのノープランだ

これからは基本的に
ノープラン、ノーマネーの日々がつづくな
そしてTime&Peaceだけが売るほどある





無職で無為で非生産的な毎日
すこしでも有意義に
なにか、あとで振り返ったとき、
あの日々はむだじゃなかったという気になれるような

そんなプータローにわたしはなりたい。



だがまあボチボチいこう。