読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

「メン・イン・ブラック3 Men in Black III」。「シグナル 月曜日のルカ」。

今月は、かなりよく映画を観てる。
このまえは
メン・イン・ブラック3」
(原題:Men in Black III バリー・ソネンフェルド監督、2012年、米)

movie.walkerplus.com



シグナル 月曜日のルカ」
谷口正晃監督、2012年、日本)

movie.walkerplus.com



はしごしてきた。


MIBはわたしなんぞがわざわざ書くこともないか。

絶対的におもしろかった。
幅広い客層にヒットするかんじだよね(^O^)
ああいう、グチャグチャしたエイリアンとか気持ちわるいのは 
わたしは苦手だけど・・
グリフィンのきらきらした眼と、Kの若かりしころがよかった。

まだやってるのかな。
ぜひみなさんごらんください。



シグナル」が、大穴だった。
これはすごくこう・・なんというか 大穴だった。

総合的な質としてはMIBの比じゃない。
地味な、アクションなんかもない、日本の、こじんまりとした映画だ。
わたし、
「なにも期待してなかったから“意外と”良かった」だけなんじゃないかとおもって、
つまりほんとは60点くらいなのに「意外と」が加算されて
85点くらいに感じてるんじゃないかとおもって
きょうまで書かずに、冷静に振り返れるまで待ってみたんだが。


けどやっぱり良かった。良かった。
誰がなんといおうとわたしは観てよかった。

もしどちらか1本をもう1度観ることができるなら、MIBではなく、シグナルを選ぶ。


あの主役(ルカちゃん)の女の子がもうほんとよかった。

彼女は演技の経験がまったくなかったらしいんだけど
彼女がそこにいるという、ただそれだけのシーンから
なにか、息をするのもそーっとやらなきゃとおもうほど
キリッとした  独特の雰囲気が放たれていて

わたしはあの子を観ていたくて、観ていたくて、しかたのない気持ちになった。

そういう、いるだけで人の心をわしづかみにしてしまう力なんて、
誰もが持っている資質じゃないとおもうし

というかあの子も、ふだんからあんな雰囲気をまとった子ではないのかもしれない。
あの映画で、あの役で、ああ撮ってもらって、ああ見えたのだろう。
けど
それって一種の奇蹟じゃなかろうか。

ルカちゃんが、さいごのほう、夕暮れ時の川べりで、相手役の男の子に、
とてもかわいらしいひとことを告げたのだが
いや
むしろわたしが惚れた。
えーーーー!!!
もう普通にスキーーーー!!!
ってかんじだった。←どんなかんじだ・・

あの夕暮れのシーンは、神さまに祝福されていたのではないか。
そのくらいかわいかったし、すてきだった。



相手役の男の子(ケイスケ)はAAAというグループのリーダーだそうだが
あのやさしい話し方とか、大学生くらいの人によくいる。
じつにリアルでよかった。
「セリフ棒読み!」という意見も、あるかもしれない。
でも、ああいうあまり抑揚のない、おだやかな話し方をする人は、じっさいいる。
感情過多でアツいコミュニケーションをおしつけてくる人には、
ルカちゃんは心を開かなかっただろうし、ケイスケはあれがよかったとおもう。

高良健吾の気持ち悪さも絶品だった。
高良健吾って、こんなにデキる役者さんだったのか・・
身の毛もよだつ気持ち悪い男を演じきっていたとおもう。

わたしは高良健吾がやったレイジという男については
映画を観てから、きょうまで1週間、
けっこういろいろ考えた。

このレイジというやつは、要はルカちゃんの元恋人だ。
くわしく書くと
これから映画を観る人か原作を読むかもしれない人にわるいので、
やめとくにせよ、

たぶんルカちゃんの気をひきつづけるために、レイジ自身が、
嘘の設定、嘘の噂を広めたんだろうな。とわたしはおもった。

レイジがはじめてケイスケのまえに姿をあらわしたとき、
ルカちゃんに執着しているレイジが、
ルカちゃんの所在をつきとめようとして、
ケイスケにさぐりをいれる。
ケイスケはこのとき、レイジとルカちゃんの過去についてまったく知らないが、
本能的に不穏なものを察知して、とっさに
「ルカちゃんはここにはいない」というような嘘をついた。
しかし、レイジは、そんなケイスケの嘘を簡単に見破る。

どうしてケイスケがとっさに嘘をついたと きづいたのかなあと、
おもったんだけど

それはたぶん、レイジ自身が、嘘をつく人間だからだ。
いや、嘘をつかない人間てのは、たぶんいないのだが、
つまり常習的にということ。
嘘で身の回りを固めて自分を守ったり、
嘘によって自分をじっさいよりすぐれた人間にみせようとしたりすることに、
慣れている。
そうやって作り出した自分自身の虚像をキープするためにさらに嘘を重ねているが、
嘘がばれたとしても平気で居直ったりする。
本人も嘘と現実の区別があいまいになっている部分があって、
追及されてもなんの話?とキョトンとして見せるようなレベルだ。

そういう人だから、レイジは他人の嘘を敏感に察知したんではないかとおもった。
人は嘘をつく、ってことを実際的によく理解している人間、ってことなんだろう。

レイジとルカちゃんをめぐる過去のエピソードを知ったケイスケが
「なんか、都市伝説みたいですね」と言ったが
ほんとかもしれないが嘘っぽい、
でもやっぱり事実として話を裏付ける残滓がなくもない、
そして誰が言い出したかわからない。

言い得て妙なセリフだなとおもう

ぜんぶが嘘とはいわないが
都合の悪い部分を隠すとともに自分を演出するために
レイジが嘘をついたのだと、わたしはおもう。

臆病者なのだ。


レイジを崇拝している女の子が、彼の言うなりにいろいろやったりしていたが、
この子がよかれとおもって余計なことをしたのを知ったとき、
レイジは激高し物を壊すなどの行為にでた。
ひとしきり暴れてから、椅子のうえに膝をかかえてうずくまったが、
そのとき上目遣いにちらっと
女の子のほうを見たのが、
ほんとうに
気持ち悪かった・・
「タクシードライバー」のロバート・デ・ニーロくらい気持ち悪かった。
なにあれ・・(-_-;)
ああしろって台本に書いてあったの・・?
高良健吾の案だとしたら彼ってほんとに役者だ。
大物になるとおもうよ。


地味だし いろいろと甘いとこも、あったが
観てから1週間たっても印象深くおもいだす。
話のおもしろさ、音楽、俳優さんの演技、斬新な映像、
その他いろんな点、すべてにおいてすぐれている、
そういう映画だけが、「良い映画」ってわけじゃないんだとおもう。


良い映画の、定義はわたしにはまだよくわからない。


でもこれほど強い印象を私に残してくれた、
これだけ書きたい気持ちにさせてくれた「シグナル」が、
良い映画じゃなかったなんて、
そんなことありますかね。