BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

映画の感想「愛と誠(2012)」-180725。

「愛と誠」(三池崇史監督、2012年、日本)
観てみた。
全体的には あくびしいしいで、
おもしろいとか、いいとか感じたところは
多くなかった。
だが、
終盤にちかづくにつれ 
加速度的によくなっていったことは たしかだ。

いちおうメインキャラクターの年齢設定が10代後半のはずだが
役者さんが全員 どう低くみつもっても25オーバー。
そこに いいかんじの開き直りをかんじて おもしろかった。
伊原剛志さんが
「自分は『おっさんに見えてしまう病』にかかっている」
と 劇中にもかかわらず くるしいいいわけをしていた。

妻夫木聡さんが演じた 主役の誠は
まああんなものかとおもう。
誠自身の意思がみえにくかった。
とにかく 周りにふりまわされていた。
ふりまわされていることに気づかないほどの
バカにも見えなかったが
彼が自分の状況をどう考えているのかはあまり伝わってこなかった。
原作を読んでないから なんともいえない部分はある。
誠って もともとあんなかんじなんだろうか。

ただ、ひとりの人間がその半生を賭けるほどのことが
他人からみると ぜんぜんたいしたことじゃない、
そういうのは、ままあるね。
裏番長が 
「案外と骨のない、おセンチなやつだ」
と、誠の苦悩を一笑に付したこともわからなくもない。
誠にとっては一大事でも、
他人にしてみたらぴんとこない、
よくあること、だろう。
自分の人生を左右するおおごとなんだ、
このために今まで生きてきたといってもいいくらいなんだ
だからじゃまをしないでくれと もしくは助けてくれと
もし 周囲にむけて訴えるならば、
相当 大声で、相当 本気で叫ばないと
それも何度も、のどがつぶれるまで叫ばないと、
意外なほど 伝わらないのだろう。

誠の場合は
まず助けを求めるという選択肢は
まったくなかったから・・・それはしょうがない。
じゃまをしないでくれ(ほうっておいてくれ)は
何回か 彼なりに一応 言ってたが
いかんせんまわりが病的に
人の話を聞かない人ばかりだったので
これも・・・しょうがない。

最後の最後に 
誠の運命に強烈なツイストをかけた あの男、
あれも誠にしてみたら こいつ誰だっけ、
おれはこいつにいったいどんな 
恨みをかうようなことをしたんだっけ、と、
かなり考えないと 思い出せないくらいのことだろう。
言わないし顔にも出さないけれど本人のなかにだけ
グツグツとたまって
あるときとつぜん噴出する そういうものがあるのだ。

斎藤工さんの演じた
きみのためなら死ねる」でおなじみの岩清水弘は
まああんなものか、とおもう。
「自分で愛を助けに行きたいのはやまやまだけど
でも愛が助かることが自分の願いであり
そして自分の力では愛を助けられる確証がない。
愛を確実に助けられるのは自分ではなく誠、
だからくやしいけれど愛を助けにいってくれ」
と誠に懇願する姿は、あれはかなりぐっときた。 
不思議にうそっぽさがなく
ちゃんと説得力がある、という驚き。

武井咲ちゃんは どうせああいう役回りならば
もっと「超絶天然かんちがいお嬢さま」を
押し出してほしかったような気はすこしした。
もっともっとどぎつく そういうキャラを演じられる女優さんを
選べばよかったのにと。
ただ、
代替候補の女優さんをいろいろ勝手に想像してみたものの
どの人も だめだ。わざとっぽいし、いやみっぽくなる。
武井咲ちゃんでやっぱり正解だったかもしれない。
乃木坂46生田絵梨花ちゃんにかんしてだけは
代替案としてどうしてもあきらめきれないのだが
彼女だとちょっとキャラクターがうすすぎるところがある。
「母性愛すらこえた無償の愛」ということになると
なにかどっしりとした ただかわいいだけじゃない
安定感みたいなものも必要だろう。
生田絵梨花ちゃんはかわいらしいし歌もじょうず。
ただ包容力みたいな
ほっとするような存在感のようなものは 
まだないようにおもう。
必要なのはかわいさや歌のじょうずさではなかったのだ。

安藤サクラさんがなにかの映画賞で助演女優賞
もらったそうだが、
彼女よりも、裏番長を演じた女優さんのほうが
いい味をだしていたような気がする。

市村正親さんと伊原剛志さんが
すっごくリラックスしていて
やたらとたのしそうだった。

ミュージカルシーンはだめだった。
かなしいかな お金がちっともかかってなかった。
ミュージカル映画として、それではもうだめだ。
ダンサーやコーラスの数がすくない。
もりあがらない。
本職の歌手である市村正親さんや一青窈さんなどは
じゅうぶん聴けたが
ほかの役者さんはふだん歌う人ではない。
ソロナンバーをフルで1曲はきびしい。
もっと演出を凝っていかないと画面がもたない。
飽きるし へたではなく「ふつう」なのが逆にしんどい。
時間がたつのがむだに長く感じて
観るのをやめようかととちゅうで何度かおもった。

ただ 観るのをとちゅうでやめたら
よくなっていった終盤を知ることもなかったから
がまんしてさいごまで観てよかったとはおもう。

余貴美子さんの おっかさんの演技はトラウマ級だ。
あのようなシーンを観ることになるとは
こちらとしても 思っていなかったから たじろいだ。

ラストは ちょっとくやしいが
それなりにぐっとくるものがあった。
まあでも愛は時間とは関係ない。という
考えかたもありますからねえ。