BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

小休止-20180322

つまんないこと気にする、それが人間。
気にしなくていいよって 
まわりが言っても始まりません。
気にならなくなるまで努力するのか、
自分には解消できないとあきらめて、今後も気にするのか、
気になるけどそれが何か!?と居直るのか、道はさまざま。
ただ、はたで見ているほうとしては、
できれば そんな思いからは自由になって
ラクにやってほしいなと。もちろんね。

信頼しているミュージシャンがね。
つまんないこと気にしてる(らしい)って 小耳にはさみまして。

自分よりあの人のほうが演奏技術がすぐれているとかね。
自分よりあの人のほうが人気があるとか。 
あえて説明すると そんなようなことでしょうかね。
無視ができないのですね。
「(あの人は)良い」と、わかるから。

「え、そんなこと本気で考えてるの。だとしたら 
ばかだなあ~(でも、『らしい』なあ)!!」
とおもいつつ。

「気にするな」は無意味。
その問題を 他人の分際で無神経に とりざたすれば
本人の逃げ場を奪いかねない。
逃げ場を奪われた人は 思ってもいないことを言ったりやったりしちゃって
激しく悔やんだりする。そんな思いをさせるのは本意じゃない。

友人であるところの かのミュージシャンのために
なにかできるとすれば、
あなたの音は美しい。と、本人に伝えることです。
聴くだけでなく言葉で。 思っていることは言う。
言いたくても言えない状況になることも、人にはあるから。
言えるうちは、おしまない。