BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

2017年5月3日の思い出-小林賢太郎さんのコント公演 KAJALLA #2 『裸の王様』。

5月3日はラーメンズ小林賢太郎さんのコント公演
「KAJALLA #2 裸の王様」を観てきた。
(日経ホール 14:00開演)

 

f:id:york8188:20170521231420j:plain


kentarokobayashi.net



「KAJALLA」の前作「大人たるもの」は
正直なとこいうとあんまり自分には響かなかったのだが
今回はすごくたのしかった。
腹かかえて笑ったし、「裸の王様」の物語の
新解釈的なセリフには「なるほどなー」と思わされた。
なんかやっぱりまったく別の短いコントを集めたようにみえても
どこか通底するテーマみたいなものがあるのが
小林賢太郎氏のコント公演じゃないのかなとおもう。
それが、どうも前作の「大人たるもの」には
感じられないようにおもわれたんだな、わたしには。
でも 今回はまさにそういうかんじで、
おしつけがましくなく、深刻になりすぎず、
それなのにどこか響いてくる
重みを帯びたメッセージがちゃんとあって、
やっぱりこういうのがいいわなー!! と 感じた。

でもまあそれは観る側の勝手な願望なんで
作るほうがどうしたいかとはまた別の問題なので
違ってもしかたがないことだとおもう。

春夏秋冬それぞれの国をめぐる仕立て屋を演じた
小柄な役者さんがすごいよかった(^^)
めちゃくちゃかわいらしかった。 

夏の王さまを演じた役者さんがすごい筋肉マンで、
彼が衣装をぬいだときに、
ムキムキの腕がのぞいて、
観客席からちいさく歓声があがっていた(^^)

あと、ラーメンズのコントにまえにでてきた
あのキャラクターが復活してた。
あれはうれしかった。
うれしかったっていうか 
一瞬わが目と耳を疑った。

今回はほんとにたのしかったな。
次のKAJALLAもぜひ観に行きたいというきもちになった。

それにしてもいまでも気になっているのだが、
日経ホールの各座席の背中に、
主電源マークが描かれたちいさなスイッチみたいなものがついてたんだよね。
あれいったいなんだったんだろう。
開演を待つあいだ、気になって気になって、
押してみたくて押してみたくてしょうがなかったわ。
スイッチじゃなかったかもしれない。
ただのランプだったのかもしれない。
なんだ あの主電源マーク。
あれ いったいなんだったのか。
押せるのかどうか(スイッチなのかどうか)
確認してみたくてしょうがなくて、
でも、座席の背中についているということは、
わたしがみているそのスイッチをもし押した場合、
わたしが座っている座席になにかが起こるのではなく、
わたしの前の座席になにかが起こるってことになるとおもうんだよね。
とりかえしのつかないことをしちゃうといけないから
押したいんだけどやっぱり押せなかったよ。
自分の後ろの席の人に、
「わたしの席がどうなってもいいですからちょっとこの
スイッチを押してみてくれませんか」と
よっぽど 頼もうかとおもったけどね。
まあ 開演前のこの時間にめんどうな騒ぎを
起こすのもなんだからな とおもってだまっていたよ。
超 押してみたかった(^^)

まあどうでもいいことなんだが(^^)