BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

核P-MODELライブ楽しんだ-181118。

※ライブたのしかったという
きもちを書いた日記にすぎません。
セットリストのネタバレとか
そういう、人さまのためになる
内容ではありません。
あしからず。





きのう
P-MODEL(平沢進)のライブ
「回=回」を聴いてきた。
Zepp東京
2000人超収容のライブホール、
専業のミュージシャンの、
本格ライブ、すごくひさしぶり。

最高に刺激的だった。

オーディエンスの反応の内容が
すごくシンプルで、芸がない。
「ひらさわー!」
「核P~!」と呼ばわるだけ、
歓声をあげるだけ、
拍手するだけ、
アンコールでどんなに待たされても
拍手が手拍子には決してならない
しかもプログラムの進行につれ
妙に反応がうすくなっていく。

その理由がわかる気がした。

わたしは
まるで、もぐりこむように
いっそ、一部と化すように
彼の音楽に聴きいるのが
ただ愉しかった。
聴いてひたることに集中したかった。
たぶんほかのお客もそうだった。
手拍子しようとか
変わったかけ声なら
平沢さんがニヤリと
してくれるかも、とか
ファンのあいだでおきまりの
振り付けみたいなので
オーディエンスとの一体感を
味わいたいとか、
「それもライブの醍醐味だよね」
の部分すべて、
まったくもってどうでもいい。
そういうのに考えをめぐらす時間と
労力がもったいない、
みたいなかんじ。

結果、だまりこくる。
もう、口をぽっかり開けて
ぼけーっと全身、耳になる、
そんなどこぞの「馬の骨」であることが
うれしいくらいなのだ。

わたしは
あの小柄で枯れ木のように細い
還暦もとうにすぎた銀髪のおじさまが
燦然として歌う姿を、ただ受け止めた。
1時間半、平沢さんの音楽以外
なにもいらなかった。

とてつもないひとときだった。