BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

映画の感想「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー Mamma Mia! Here We Go Again(2018)」-180917。

※ネタバレというほどのことは書いていませんが公開中の映画の内容にふれています。








「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」
(原題:Mamma Mia! Here We Go Again
オル・パーカー監督、2018年、米)

f:id:york8188:20180917212738j:plain

https://movie.walkerplus.com/mv64518/

わかってて観たようなところはあったがやっぱり予想したとおりこういうのはぜんぜん趣味じゃない

正直な感想をいえば
からしくて
ミュージカルというスタイルでなかったら
観られたものではなかった。
大学の先生が踊り出したときには正直引いた。

ただ、さすがにブロードウェイミュージカルの名作だけあり
聴いて、観て、ふつうにたのしい。
役者さんはみんな
意欲的に演じていたし、
舞台となるギリシャ
美しい景色に心癒され
はなやかな音楽には
しぜんに体がゆれた。


ミディアムテンポの音楽がおおく
歌もダンスもいまいち
もりあがらないのはたぶん
ドナがもういない、という
設定だからだとおもう


若き日のドナを演じた
リリー・ジェームズ
いきいきとしてかわいい。


ソフィ役のアマンダ・サイフリッド
眼がおおきくて素敵な美人だった。
日焼け対策がおいつなかったのか、
腕がただれたように灼けちゃってて、
アップだと気の毒なものがあった。
ギリシャなのに雪のように色白でも
それはそれでおかしいが。


アポロニアのくだりはよかった。


ハリー(だったっけ?)が
ドナとはじめて出会ったときには
言葉がほとんどできなかったのに
その日ふたりで食事にでかけたときには
もうぺらぺらしゃべっていたのが
奇妙。


ドナの大学時代からの親友のうち、
黒髪つやつやおかっぱ頭のほうは、
いちいちセリフやリアクションが
おもしろかった。
「セックスアンドザシティ」の
サマンサとなんとなく近い。
お眼鏡にかなう男性とめぐりあい、
彼を見た瞬間
「あの人って奥さんもう亡くなってるかしら」
とつぶやいたのがゆかいだった。
わたしこの人すきだなーっておもった。

もしこの映画が
シリアスな恋愛ものならば
彼女みたいなのはしんどい役回りだ。
くさってもしかたのない境遇で、
みかけよりずっと孤独な人だとおもう。
だけど決してめげないし、
あくまでも自分は自分、
立ち位置をよくわかっている。
それになにより、
つらいこともふくめて
生きることをたのしんでいる。
それでなくてもこの物語には
会話に長ける切れ者キャラが
あんまりいない。
みんな、困ったらとりあえず
歌うか踊るかすればいいと
おもっているところがある笑。
彼女のように地に足ついた、
大人のユーモアがわかる人が
メロディをつけずにしっかりと
しゃべってくれるだけで
ほっとするものがあった。


シェールの声は一度聴いたら忘れられないなあ。ああいう歌声は貴重だよね。


まあ
自分が単にすきじゃないというだけで
だめな映画でもわるい映画でも
けっしてない。
こういうのがすきなかたはぜひ。

映画の感想「欲望という名の電車 A Streetcar Named Desire(1951)」-180916。

図書館の視聴覚サービスで
欲望という名の電車
を観た。

きのうときょうと2日つづけて観た。
きのう1時間50分くらいのところまで
観て、とちゅうでやめ、
きょう最初から最後まですべて観た。

きのうのことだが
ビデオテープでの鑑賞だった。
巻き戻しては再生、また戻って再生、
早送りして再生と、
こまぎれに何回もやってたら、
花売りのおばあさんが
やってくるところで、
映像がとまった。
職員さんにしらせにいったら
テープがデッキのなかで
からまってしまったから、
もう視聴できないと。
ふるいビデオテープなのに
負担がかかる操作を
わたしが何回もしたので
壊れちゃったんだとおもう・・・。
ところが、その職員さんの
上司とおもわれるかたがやってきて、
からまったところを
きれいに巻き取ることができれば
また観られるかも、
なおしてみるからまたこんど来てと。
「巻き戻したり早送りしたり
すごいやっちゃったんです」
白状してあやまった。
「みんなやっているので、
あなたのせいじゃなくたまたま」
と 笑ってゆるしてくれた。
視聴覚サービス室をでるとき、
職員さんがビデオテープの
あの白いところに
エンピツを差し込んで
テープを巻き取るなつかしい作業に
さっそくトライしてくれているのが
みえた。

ほかの映画だったらいざしらず、
本作はあきらかに傑作であった。
帰宅してからもずっと
物語のさきが観たくて
しょうがなかった。
なにか、もっといえば、あの
ニューオーリンズのアパートの部屋に
もう一度戻りたかったような感じだ。
続きを観ないまま「もういいや」
なんて到底ありえないと思った。
今日 また図書館にいってきた。
ビデオテープは修復に成功していた。
最後まで観ることができた。
花売りのおばあさんがくるところで
すこし映像がくしゃくしゃっとなったが。

欲望という名の電車
(A Streetcar Named Desire エリア・カザン監督、1951年、米)

f:id:york8188:20180916222808j:plain

https://movie.walkerplus.com/mv9367/

たいへん有名な映画だ。
たしかヴィヴィアン・リー
アカデミー主演女優賞を
もらったとおもう
「風とともに去りぬ」以来2度めだ。

いまさらわたしなどがこの名作の
感想とかもどうなのかなとおもう。
たぶんこれを観た人が
みんなおもったであろうことを
わたしもふつうにおもった。

12人の怒れる男
若者のすべて
「第三の男」
「道」
「サイコ」
七人の侍
「風とともに去りぬ」
市民ケーン
「ウエストサイドストーリー」
なんかを観たときと
おなじくらいの重いショックがあった。


なによりもいちばん
スゴいことだと言っていいと
わたしがおもうのは
本作が原作戯曲と
ぜんぜんちがう、ということ。
変えざるをえなくて
「改悪」されているのだ。
ライブ、舞台はまだいいが、
映画となるとたくさんの人が観るし、
フィルムが残るから、
いろいろ表現上のさしさわりが
あった・・・ということだろうが

戯曲にでてくることのおおくが
映画ではでてこないか、
ソフトな表現にとどめられていた。
同性愛、少年愛、強姦、アルコール依存、性的放埒、精神障害などだ。
いまは映画のなかでこういうことについて言及されることはめずらしくないが
当時はむずかしかったんだろう。
それに、戯曲にはない、
いたずらに緊張感を削ぐ演出が
つけくわえられたりもしている。

この映画の制作にかかわった人は
くやしかったんじゃないかな。
なにせ原作者が脚本に参加しているし、ヴィヴィアン・リー
マーロン・ブランドと、
舞台版のメインキャストが
そのまま でている映画だ。
舞台俳優には、誇りがあったはずだ。
映画スターだと?おれたちを、
ルックスで売って
ちゃらちゃらしてる
ハリウッドセレブと一緒にするな。
舞台が命のほんものの役者だぞ、
という誇りが。
それをどうやらこうやら説きふせて
契約書にサインさせ、
さあ気合をいれて作ろうぜ、と
いうところだったのに
やれあれはできないこれはまずいと
かましく規制、規制で
たまらない思いを
何度もしたにちがいない。
スタンレーのブランチへの
しうちのシーンからは
「ここだけはなにがなんでもやるんだ」
そんな作り手の意地が伝わった。

だが、本作は「それでも」
輝きをうしなってない。
もともとあったものをほとんど削って
ぜんぜん原作とちがったものに
しなくちゃならなかったのに、
原作のもつ凄み、
呪いのようなものの力が、
それでもまだちゃんとのこっている。
この映画の特別なところは
そこなんじゃないかな。

なぜ本作がそうであったかといえば、
役者さんがその演技力でもって
作品を支えたからだろう。

観たあと、すごくつかれた。
しばらく立ち上がる気力が
わかなかったくらい。
2時間のうち一瞬も気が抜けず
血糖値がさがり呼吸があさくなり、
体にも力が入りっぱなし・・・
ようするにそういうことなんだろうが
きもちとしては
「魂削られた」。

役者ってほんとうにすごい。

ヴィヴィアンと
マーロン・ブランド
どうなんだろうか
仕事仲間としてはそれなりに
仲良くやっていたんだろうか。
仲良かったわけないか。
どちらも気むずかしそうだし
最悪に気まぐれでワガママそうだ。
おたがいにおたがいのすることが
むかついてしょうがなくて
ケンカばっかりだったろう。
役なんだし、お芝居なんだけど、
あんなふうに逃げ場もなく
スタンレーにおいつめられるシーンを
何度も撮ってたら神経まいるよ。
ブランチの複雑な役柄を
舞台のときから背負いつづけて
ブランチに呑み込まれないように
するのもたいへんだったろう。
ヴィヴィアンはきつかったろうな。
マーロンはどうかしらないが笑
なんかあの人、大丈夫そう笑
神経をすりへらす撮影の日々に
役が自分なのか
自分が役なのかなんだかわからなくなり
ふたりが険悪になっていったことは
考えられることだとおもう。
でもそのピリピリ感が
ブランチとスタンレーの
関係性に裏付け感をあたえて、
かえってよかったのかも。

あんな苛烈なアンサンブル
これまでどの映画でも
観たことがない。


危険な映画だった。
なんかこういうのを観てしまうと
もうしばらくなんにも
「心に入れたくない」という
気持ちになるなあ。
つかれた。とりあえずものすごく。

無題-180915。

やりたいこととかこういうふうに生きていきたいとかがあるつもりだった。それなりに目の前のことをちゃんとやってきたし目的があればそれを達成しようという考えはもってきたとおもう。ふつうに。たまたま適性に合致することであればけっこうよい結果もだしたし長く続けることもできた。べつにつまらなかったわけじゃない。向いていること好きなことには電撃的といってもいいほどのおもしろさを感じたこともあった。ふつうにやってきたつもりだ。なにもかもつらかったなんておもわない。だけどほんとうのほんとうは ただ 何者かでなければ 存在をゆるしてもらえないと 何者かでなくちゃならないと おまえはできない人間だといわれるのがこわくてかっこうをつけていたんだとおもう。
それなりの人間のふるまいをしていなくちゃならないとおもった。
そうでなければ困る人がいるだろうとおもったしイヤなおもいをしたくなかった。かぜをひいたら病院にいって薬をだしてもらいのめば治ると考えるように
できない人間には「ちゃんとやれ」と言って頭のひとつもたたくか背中をけとばすかすれば「ちゃんとやる」ようになる、すくなくとも「ちゃんとやっている」ふるまいをみせるようになる、そう考えられていたことは理解できる。ようするに不安だったんだろう。よくわかる。そしてがまんはできる。そのほうがらくだし生きる場所が確保できる確率がたかい。だからがまんした。それだけだ。


それをはがすと、わたしはほぼ完全にからっぽだ。

腰が痛む/ひさびさの東京喰種Reで迷子-180910。

腰の右側がぴりぴり痛む。
ぎっくり腰のきざし。
季節のかわりめだ
あすにも診てもらわないと
木曜日あたりには
歩けなくなるだろう。



・・・




東京喰種:Re
単行本16巻で先日完結した。
12巻まで読んだところで
止まっていたが
どんな結末へとむかったのか
気になって
また読みたくなり
まず13巻を購入して
今日読んでみた。
・・・もうかなり忘れてしまっていて なにがなんだかわからない。他人事になって没入できない。
前職のときこのマンガの
関連本も4冊くらい作った。
仕事であり大好きな作品でも
あったから
ほんとうに集中して
何周も何周も読み
仕事それじたいは
納品して終わっても
自分で単行本を買ってよみつづけ、
かなり深いとこまで
理解した気になれたこともあった
はずだったが。

マンガとしての
正統的な文法というか
調性みたいなものを
決定的に破壊したところに
組み上げられたマンガだとおもう。
まっすぐに読んでも
ぜんっぜんわからん。
一回離れるとわたしなんかは
このとおり
もうわけわからなくなる。

だけどすきなマンガだなあ。
あの気の毒すぎる主人公が
どうなったか
彼を取り巻く人たちがどうなったか
いちおうすべてちゃんと知りたい。
1巻から すこしずつ
とりかえしていこう・・・

家電店に行きたくない/市川春子「25時のバカンス」-180909。

パソコンはあいかわらず
使えない。
新しいものを購入したいが
家電店に行きたくない
かまし
どんな音が聞こえてくるか
わからない
人が多い
せまい
むしろほかのどこにいこうとも
家電店みたいなとこだけは
ひとりで行きたくない
こわい
サポートなしに
のこのこでかけようものなら
吐くか倒れる自信がある


だがわたしもそんなに
くわしいわけじゃない
知識が豊富な店員さんなどから
最新の情報は聞き出したいし
選定にあたって助言がほしい。
店頭に出向く必要は
どうしてもあるだろう
うーん
体調がいいときに
だれかいっしょに
お店に行ってくれたりしないもんか・・・
しかしわたしのまわりは
わたしみたいなのとはちがって
家庭もあるカタギの
ちゃんとした人ばかり
わたしにあわせて
来たりこなかったりが
可能なような暮らしなんて
誰もしてないなあ。
当然か。
おかしいのはわたしだ。
はあ・・。



・・・



市川春子「25時のバカンス」
を読んだ。

f:id:york8188:20180910005752j:plain

http://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000029837

なにかしらが込められているのを確実に感じるが、
明確な、言語的メッセージみたいなものはない・・のが
この人のマンガの
特徴におもえる。
暮れゆく空をながめるようだ。
ながめるときに
ながめるというかたちでしか
感じない。
言葉じゃない。

また、みじかい話でも
登場するキャラクターたちを
まるで長編マンガのように
しっかり好きになれるところ、
誰、と覚えていられるところも
魅力だ。
話をすすめるためだけに
登場する
顔のない棒人間や
泥人形ではおわってない。

表題作 とてもよかった。

稀有な才能だ。

「ウインド・リバー」追記-180909。

※公開中の映画の内容に触れています。






きのう、「ウインド・リバー」の感想を書いたけど、
1日経って、考えがかわった部分がある。


「レヴェナント」と 地続きもしくは縁戚関係にある映画だという感触はかわらない。
レヴェナントは米北西部開拓時代の物語。
冒頭からし先住民族たちの大抵抗にあい血みどろの撤退シーンだったおぼえがある。
先住民族たちに不如意な生活を強いてきたことの背景には、あの時代にされたことの復讐があるんだろうか。
・・・
それにしても、レヴェナント、
傑作だったけど、
激烈すぎる展開の連続で、
映像もあまりに壮麗で
一瞬も気がぬけず
観たあとほんとうに
フラフラになってしまったっけ。
二度とは観られないと、
あのときは思った。
でもいまこうしてみると、
なんか、もう一度観たい。
観られるような気がする。
・・・


掘削場の聞き込みのシーンで、
人を死なせすぎ、
あんなことにまでならないように
もっとうまくやれたはず、
経験の浅い捜査官の判断ミスと
書いた。

けど、わたしがおもうよりも
よりいっそう 治安が悪く
人の心もすさんでいる
エリアの物語だから
あのようなことにも
なりかねなかったのだと
理解しなおした。
理解しなおしたというか
浅かった、考えが。
掘削場の仕事なんかに
必要ともおもえないのに、
職員全員がふつうに拳銃を携帯していたことからみても、
わたしみたいなのの常識が
通用するような土地じゃないのだ。
あとですこしネットで調べたのの受け売りだが
ウインド・リバー保留地は全体で、
日本の鹿児島県くらいの
広さがあるそうだ。
アメリカはほんとうに
ひろいんだなあ。
そこに、数万人だかがすんでいて
警官は6人(映画の公開当時)しか配備されてない。
隣家といっても場合によっては
数キロもはなれており、
雪にもなれば行き来できない。
これじゃあ自分がおかれた
環境をくわしく把握して
安心することがむずかしい。
よそものを警戒するだろう。
山や森の猛獣もこわい。
産業も働き口も乏しい土地、
生活苦によるストレス、
暴力、アルコール、ドラッグ。
爆発寸前のすさんだ心を
かかえた人たちが
疑い、おびえながら生きてる。

それじゃああんなことにも
なるわなと。

根深い問題だ。

ウインドリバーは
レヴェナントから
時間が続いている。
昔やっていたことをいまもやっている、途中で気づいてやめなかったから・・いや、あんなふうに始めたから、こじれている、という話になるのだろう。
保留地政策はその長い歴史のなかで
無数の思惑が
複雑にからんできたのだろう。
だれもが完全に納得できる
あらたな道などは
ないのかもしれない。
ただ、いまこうなっている
いちばんの原因は
かき集め押し込めて放置した
ことではないかとおもう、
不安だったから。
おそらくは
めんどうくさかったから。
でもその選択こそが、
のちの自分たちにとっての
不安の種を
うみだしてしまったのでは。

映画の感想「ウインド・リバー Wind River(2017)」-180908。

※公開中の映画の内容に触れています。



・・・



ウインド・リバー
(Wind River テイラー・シェリダン監督、2017年、米)

f:id:york8188:20180908214541j:plain

https://www.cinematoday.jp/movie/T0022786


ジェレミー・レナー とってもいい。
ハンサムなパグみたいな、渋いルックス。
のっぴきならぬ事情をかかえつつも懸命に生きる、
まじめな男の役が似合う。
なんとなく、素顔の彼も、好人物なんじゃないかな?という気がしている。
東はジェット・リー、西はジェレミー・レナー・・・でもいいくらい だいすきだ。


それはそれとして
本作は、そうとうな秀作。

レオナルド・ディカプリオ
アカデミー最優秀主演男優賞をもらった「レヴェナント」(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)と、テーマ的に通底する。
本作は2017年発表で、レヴェナントよりあとだから、じっさいインスパイアされた部分はあったかもしれない。
だけど
決定的に異なるところがあった。
本作の舞台は現代の米国だ。
レヴェナントはアメリカがアメリカになったかなっていないかくらいの時代の物語だったはず。
それに、レヴェナントでははっきりとは描かれなかったようにおもう。
「違う者」への生々しい差別や、男のストレスのはけ口にされる女たち、激しい暴力の実際が。
それはなぜかといえばやはり、
昔の話だから、というところへ、神秘的な映像表現もあいまって
荒ぶる神代、国造りの神話なので現代の常識にてらして多少むごいことが起こってもアリとする、そんなのに似たかんじがすくなくともわたしには・・・あったような気がする。
でも本作の舞台は現代のアメリカだ。ふつごうな「本音」が、彫りつけるように描写されていた。目のそらしようがなかった。
時がいつであろうが、あるものはあるということだろう。

ところで、本作をミステリーだとは、わたしはまったくおもわなかった。
だれがなにをされたか、
早い段階で明確になっていた。
なぜそうなったか、
想像はついていた。
うそをついている人物は
すぐにわかった。
コリーがなにをするつもりかも、わかっていた。
考えてつきとめるまでもなく、すべて順をおって予告されるので、観ていればわかるということ。
映画サイトなんかで本作が「ミステリー」と紹介されているのの意味がわからない。
ただ、わかっているからといっても、想像とじっさいに映像でみるのとは体感がちがったことはたしかだ。


冒頭と終盤のコントラストがきいていた。
闇夜に起こったことが
明るい昼間に再現され、
死に追いやられた彼女の体験が
より深く理解できた。



マットは、
あの状況ではケンカを買うべきではなかった。せめてその前に、
彼女を裏口からでもトイレの窓からでも逃がすべきだった。
車のところまでついていって乗り込むのを見届けてもよかった。
だがあの状況に実際にほうりこまれて、的確に行動できる、と自信をもっていえる人はいないだろう。


コリーは、
呼ぶなら家族全員を呼び寄せればよかった。
でも、できればそうしたくなかったきもちもよくわかる。


バナー捜査官だが
あの状況であれは、人死にを出しすぎだ。(あまりにショッキングなシーンで、おもわず声をあげてしまったし、かるく10分は手のふるえが止まらなかった。)
そもそも射殺もやむなしというケースでも容疑でもなかった。経験が浅いとはいえ、申し開きの余地もない判断ミスではないか。
目をつぶされまともに動けない状態で深追いしたのも、なにもなかったからよかったものの、失策。
でもそうでもしなくちゃしょうがない状況に、彼女はおいこまれていたのだ。

考えるにつけ
みんななにかに追われ、抑えつけられ、責め立てられていた。
その苦しみをおたがいのせいにして傷つけあった結果 かけがえのないつながりを喪った者がいた。
「世界」やら「社会」やらのせいにして、自分の人生に背を向けた者がいた。
背負いようがないものまでしょいこんで自分をいじめぬいたあげく、心を病んだ者がいた。
ふきだしかける泣き言をひとつひとつグッと飲み込み、もがくように前に進もうとしている者がいた。

どうすることがその人の
心のやすらぎのためによいのか
まるでわからなかった。

我が子をうしなったあの夫妻が、
コリーの来訪を待たずに
自死を選択しても
しょうがないんじゃないかなと
おもって観ていた。
救えなかった、と
コリーは哀しむだろうが、
どうしたってもう
死んだ子は帰らないのに
永劫癒えない心をかかえて
これからも生きていく
わたしがその立場なら、むりだ。
死んで苦しみから逃れたいと
考えるのも当然だろう。
あれほど深く傷ついた人に
死ぬな生きろだなんて
エゴのようにも酷なようにも。

でも彼らは生きていた。
生きていてくれた。
ほっとした。でも切なかった。
ちいさく体をまるめて
「もうすこしだけここであの子を想いたい」。
それに、じつは今日にも自殺しようとしたんだ、と。
自分の顔に部族の「死に化粧」を施してみた、でも正式なやつなんて知らないから、適当にやった、と彼は語った。
ネイティブアメリカン・・・
羽飾り、民族装束
スピリチュアルな格言
古式ゆかしい儀式や舞踊
連綿とつらなる血統
朽ちた先入観を尻目に
彼らは現代に生きている。
ふつうにいろんな家族があり
離れたり死別したり
みちびいてくれる年長者が
身近にいない
まさに今の人なわけだ。
なのに環境だけはいまだに
昔とおなじ窮屈で薄汚れたものを
おしつけられて・・・。
そんなことを思った。


たとえば
苦しければその環境をとびだして
ほかの場所でチャンスをつかめば
いいじゃないか、
正論だ。
だけど人は弱い。
ただ生活しているだけで
いろいろなことが起こる。
すっかりおもいどおりに
生きることは不可能だ。
人間みんなそうなのだから、
励まし合い、いたわりあって
生きられたらよいのに、
それができない。

どうしてこんなことに
なっちゃったんだと
観ていて何回もおもったが
わが国ひとつとってみても
被差別部落アイヌハンセン病精神障害者身体障害者在日韓国人、いじめ、性的少数者、もろもろ社会的弱者
おなじ人間なのにやさしくできない、うまくやれないっていうことが現実にいくらでもあって。


「撃たれるシカは不運なんじゃない、弱いんだ」
「この土地では『死ぬ』か『あきらめて生きる』かしかない」
コリーの言い分が正しいかまちがっているか、好きか嫌いかではなくて、
彼がこのように思うようになったのはなぜか、だとおもう。