BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

映画の感想-「奇跡の丘」「スパルタカス」-191008。

書くってのは孤独でつらい作業だな。
純然たる創作よりは わたしがやっていることなんかは
全然つらくない方かもしれないけど。

このまえ、パゾリーニ
「奇跡の丘」(1964)観た。

f:id:york8188:20191010154319j:plain

www.kinenote.com

何年かおきに観てる。
みんな、じっと、わたしを見つめてくる。
ペテロが泣くところと
イスカリオテのユダ自死を遂げるところ
たまんねえな。
ユダの、死に向かって、一直線に駆け抜ける、
あのスピード感よ。
正直たいくつな映画だと思うんだけど、
こうしてみんなに、じっと見つめられて、
ペテロが泣くところとユダが死ぬところを観ると いつも
やっぱりたいくつな映画なんかじゃ
ないんじゃないかな、と心がゆれる。

このまえ、
スタンリー・キューブリック監督の
スパルタカス」(1960)観た。

f:id:york8188:20191010154441j:plain

www.kinenote.com

初めて観た。
大作。
馬がいっぱい出てくるのが良い。
祖父も父もみんな奴隷で、貧しく、
まともな教育を受けられなかったスパルタカス
馬を操る術を身に着けていることが
冷静に考えると謎だが。
歴史上の彼のルーツはトラキアにあるそうで
確かトラキア人はトロイア戦争に参戦したことのある
騎馬民族と聞いたことがあるが
トラキア人だったら誰でも馬に乗れたかというと
そんなはずはないとわたしは思う。
貧しければ、馬を持つこともできない。
奴隷だったら主人の家の馬の世話をすることは
あっただろうが、勝手に乗り回せたわけじゃないだろう。
あと操馬を覚えるとしたら軍の騎馬隊に入る・・・とかいった方法が考えられそうだが
もしスパルタカスの先祖の誰かが
戦争に行ったことがあったとしても
貧しい家の出の雑兵では、騎馬隊なんて、夢のまた夢だったと思う。
ちょっと良くわかんない・・・。
スパルタカスが馬に乗ってたことが
何か、解せなかった。

キューブリック監督自身は、気に入ってなかったそうだ。
スパルタカス」を。
製作で主演も務めたカーク・ダグラス
あれやこれやと口を出されまくったことが
イヤだった、というような話を聞いた。
その一件でほとほと凝りて、
専用のスタジオをイギリスに開設し、
何もかも自分のやりたいようにやれる環境を確立した、と聞いた。
でも、監督本人の気持ちはどうあれ、
映画としてはまったく問題なくおもしろい。
スパルタカス」は。
全然、悪くない。

まあ、かなり長いけど。
それから、冗長だが。

でも、そこが、わたしはかえって好きだ。

いわゆるジェットコースター展開とは程遠いおかげで、
あんまりドキドキせずに観ていられる。

スパルタカスとヴァリニアが
再会するところが気に入った。
ふたりは剣闘士養成所で出会って恋仲となった。
だがヴァリニアが、クラッサス将軍に気に入られ
ローマに送られることになってしまった。
しかし、スパルタカス
養成所の仲間たちを率いて
一斉蜂起したのをきっかけに
ヴァリニアも逃げてきて、スパルタカスと合流する。
「馬車から飛び降りたとき、
 奴隷商人が太っちょだから 走れなくて、
 わたしをつかまえられなかったの」
そう彼女が話すのでスパルタカス吹き出し
涙が出るほどふたりで大笑いする。

クラッサスと、若き詩人タイアタスの
浴場の場面も嫌いじゃない。
クラッサスがタイアタスに寄せる一方的な同性愛感情を
ほのめかしているんだろう。
なんか ヌラっとした
いかにも意味ありげな雰囲気が、悪くない。
ああいう感じの雰囲気はもう
今の映画では出せないと思う。
「カキも良いが、カタツムリも良い」(笑)。
それにしても、クラッサス、みごとなまでに嫌われたな~。

スパルタカスとタイアタスの関係には
なかなか不思議なものがある。
スパルタカスは 
「俺自身はとうとうかなわなかったけれども
 本当は俺も、こういう人生を送れたら良かった」
・・・という人生を まさに歩んできたタイアタスを
自身の「影」のように思っていたのかもしれない。
いや、
タイアタスを「光」、自分は「陰」と 
とらえるようになったと考えるのが妥当か。
タイアタスは、スパルタカスの願う未来の
象徴のような存在だった。
奴隷なんて制度はもちろんくそくらえであるし、
戦争なんか、しないですむならその方が良いのだ。
人が自由を求めて命を賭けて闘うなんて、
本当はおかしいことなのだから。
詩人は詩を作って歌うべきなのだ。
それこそが平和というもの。
スパルタカスは、タイアタスが
「武器を取って俺も闘いたいんです」
と言うのを聞いて、
二度と、誰にもこんなことを言わせてはいけないと、
思ったのだろう。
そして、自分の使命は
「詩人が詩を作って生きていける世界」を築くために
この命を大地に捧げることだ、と
考えるようになっていったのでは。
それだからこそタイアタスには
自分よりも一秒でも長く生きて欲しかった。
スパルタカスもタイアタスも
おたがいを磔の刑にさせたくなくて
必死に殺し合ったが、
勝ったのはスパルタカスだった。
※勝った方が磔の刑、という
 ルール設定はなんかおかしい気もするが(笑)
とても切ない。

クラッサス役のローレンス・オリヴィエ
さすがの名演。
品がある。
彼が立っている所を見るだけで、
気圧される。
ムカツク貴公子感を、本当に良く出していた。
顔がまずムカツク(笑)。

クラッサスの心の動き、
彼がスパルタカスにとにかくこだわる
その理由をもうちょっと ネチネチと
わかりやすく描いて欲しかった気もする。
今のままでも、わからないことはないが。