BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

アニメ「ヴィンランド・サガ」第7話-190820。

f:id:york8188:20190711013903j:plain

vinlandsaga.jp

ああ。トルフィンが荒んでいく。

ノルド語の通訳の男が
上官が話すフランク語をそっくりそのまま
完全コピーで伝えていたのがおかしかった。
日本語のアニメであるから
フランク語もノルド語ももちろん全部
日本語で表現されるのだが
(『ドリフターズ』みたいに
 新しい言語体系をわざわざ作って
  声優に覚えさせてしゃべらせて
 日本語の字幕をつけて放送するというような
 けったいなことをやるアニメもたまにはあるみたいだが)
例えば上官がフランク語
「あの川は急で、我々さえも手を焼いているくらいなので
 まさか敵がそこから攻めてくるはずはない」
と話せば、
通訳はトルフィンにそのまま
「あの川は急で、我々さえも手を焼いているくらいなので
 まさか敵がそこから攻めてくるはずはない」
と伝えるのだ。
こんなこと、おかしいと思う。
別の言葉なんだから。全く同じ表現はできない。
「敵は川からはこない、流れが急だからありえないと
 彼は言っている」
その程度にしておけば必要十分だし、自然だったと思う。
すべて日本語で表現しているだけに
完全コピーはさすがに不自然に聞こえすぎた。
何もまったく同じことを言わせなくても良いのに。
芸が感じられず、ちょっとがっかり。

アシェラッドの誓いの立て方は、

「全能の神オーディンの名において~」
「全能のオーディンの名にかけて~」

「我が祖アルトリウスの名にかけて」
「アルトリウスの名において」

大きく2つに分かれるな。

トールズの決闘の申し込みに応じたときは
オーディンの名にかけて」、
事前に交わした約束を、反故にした。
ビョルンが起こした事態を収拾するために、
やむをえなかった部分もあったように見受けたが。

だが、トールズの遺言を聞き届けたときには改めて
「アルトリウスの名にかけて」、速やかに兵を引く
と約束し、その通りにした。

きっと、本当に約束を守る気がある時、
やり遂げようとすることがある時には
母方の先祖、アルトリウスに誓うのだろう。
父方の信仰の対象であるオーディンではなく。

自分のルーツは母方の高貴な血筋にこそあるのだ、と
アシェラッドは考えているんだと思う。
すごく複雑で、難しい人物だ。