BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

ハシグチカナデリヤ-190519。

このまえ知り合った人がおしえてくれた

www.youtube.com


見た目はサエないし
声も 正直言うとべつにすきじゃないけど
音楽はめちゃくちゃカッコイイ。
めちゃくちゃカッコイイ。

何回もききたくなるところがいいな。

わたしの
音楽への探求心や問題意識は ゼロといっていい。
たとえば「エアロスミス」がすきだけど
じゃあエアロスミスと似たようなかんじの
カッコイイバンドほかにないかな~とか
エアロスミスに影響を与えた/影響を受けた
人って誰なんだろうなーとか
そういうふうに「拡げていく」「深めていく」作業を
したい、と考えたことが まったくない。
欲求に駆られない。
与えられたものだけでいい。
たまに 「探求」したほうがいいかな~とおもうことはあるが
長続きしない。

だいたい

「友だちに薦められてなんとなく」
→B’zはそれで小学校5年生のころから聴いてる
でもエアロスミスと出会ったのは高校生のときだった
B’zとエアロスミス紀貫之額田王
くらいに考えてもいいほど近しいのだが(←なんの話だ)

「ラジオで紹介されていた」
→Superflyはそれで10年くらいずっと聴いてる

「教養として『カラマーゾフの兄弟』読んどくか・・・
七人の侍』観とくか・・・みたいなかんじで
クラシック音楽といわれるものほぼすべてと
コールドプレイ、オアシス、レディオヘッドはこれでハマった

こうして それまで知らなかった音楽に触れ 
脳天にカミナリがおっこちたくらいの衝撃を
うけることはすくなくない。
そういうときいっつも
もっと早くこの音楽に出会っていたら・・・とか 
おもうのだが
おもうだけで またおなじことのくりかえしだ。

もしかしたら音楽そんなに好きじゃないのかもしれない。
と考えることもあるが ・・・断言しにくい。

体感としては
わたしはたぶん人並み以上に音楽を愛してるとおもう。

好きだから逆に知りたくないっていうきもちも
人にはあるもんだとおもうのだ。

www.youtube.com

 

www.youtube.com


www.youtube.com



ギターうまいなあ~

低音の導入にもただならぬセンスを感じる。

www.youtube.com

 

ヒュ~。