BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

おわかれを言いそびれる-190519。

在野のミヒャエル・エンデ研究家
須賀健太さんの講座を聞いてきた。

毎月1回 近所で開催されている。

わたしはこのかたの講座がだいすきだけど
来月から転職し 土曜が原則出勤となるから
きけなくなってしまうな。

次月の講座の開催日は
当月の講座がおわったときに
須賀さんのご都合を確認し
みんなでなんとなく相談して決めている。

だから、たとえば
土曜日はいけないので他の曜日に・・・とか
受講者が要望を出してもいいのだろうが
話を聞くに みんなすごく遠方から来ている。
須賀さんも朝早くに出て他県から来てくれている。
わたしは平日か日曜日のほうがうれしいくらいだが
このちょうしでは
みんなは翌日が平日だと こまるだろう。
平日や日曜日にしてくれないかというのは
わたしひとりの勝手であり
一定数の参加者数が確保できなくなれば
講座じたいが成立しなくなるかもしれない。
と考えたら 言い出せなかった。

来月からは参加しないということも
なんだかつらくて言わずじまいとなった。
おわかれのあいさつをしておこうかともおもったが・・・
われながら残念だ。

みんなFacebookとかやっていて
講座の外でもつながっているみたいだけど
わたしはSNSをやってない
須賀先生の話が聞けなくなり
受講者の人たちとも話ができなくなるのは
ちょっとさびしいなあ。

でもそういったことのために
SNSのアカウントを持つのはイヤだ。
SNSとはもう かかわりたくない。

須賀先生と講座の連絡調整係をしてくれているかたには
あとでメールであいさつをしておこうとおもう。