BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

映画の感想「ジュラシック・ワールド/炎の王国 Jurassic World: Fallen Kingdom(2018)」-180723。

※核心にふれるようなねたばれはしていません※

朝一番で
ジュラシック・ワールド/炎の王国」をみた。
(Jurassic World: Fallen Kingdom 
J・A・バヨナ監督、2018年、米)

f:id:york8188:20180723230411j:plain

movie.walkerplus.com


オフィシャルサイトもあったが
すごく内容が貧弱だった・・・。

・・・

作品のおもしろさに点数をつけるとしたら、
100点満点中65~75点というかんじだろうか。

音楽、映像表現、ストーリーに、
斬新なところがほとんどなかった。
頭をまったくつかうことなく観ていても
つぎになにがおこるか すぐにわかってしまう。
ぜんぶ、お決まりの展開、というやつなのだ。
濁った大人の心で観たところで、
さしておもしろいものではなかった。

第一作はその点、やっぱり鮮烈だったな。
あのときはなんといっても
わたしもまだ子どもだったんだけど。
でも、そうでなくとも 作品それ自体の
革新性とかも すごかったとおもうんだよ。

・・・

ヴェロキラプトルのブルーと、
石頭の恐竜はかわいかった!

恐竜たちの動きや生態が
きめこまかに再現されていることには、
このシリーズを観ると いつもながら感嘆させられる。
ほんとにすごい。ツメをトントンやるところとか・・・。
あそこまでやらなくてもだれも
「リアルじゃない!」とか言わないのに。
じつに克明で、皮膚やら口のなかやらのにおいまで
ただよってくるようだった。

というか役者の力にこそ感動したのかも。
・・・いったん落ち着こう。
冷静にもういちど。
そう、そもそもなのだが、恐竜はいないのだ。
あの映画のどこにも、本物の恐竜は登場していない。
あたかも恐竜と対峙しているかのように、
役者さんが、演じている。そういうことなのだ。
確認しよう。本物の恐竜は一匹も、出ていない。
なぜなら、いないのですから笑!

ちょっとまて やっぱり 
採点をやや上方修正するべきか。

「マグニフィセントセブン」や
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの
クリス・プラットが 
頼れる元軍人のヒーローを
演じていてかっこうよかった。
ヒロインのクレアを演じたのは
「ヘルプ 心がつなぐストーリー」で
差別意識から黒人のメイドさん用のトイレを作るという
行為にでる 白人中流家庭の女性を演じた
ブライス・ダラス・ハワードで、
彼女もとてもきれいだったが、

自分としてはジアを演じたダニエラ・ピネダのほうが 
ルックスという点では好感がもてた。
ラテン系の こりっとした顔立ちで
表情がゆたかで
心の動きがよみとりやすかったからかもしれない。

・・・

ストーリーテリング上の
表現のしかたという点で、
すこし、おっ、と思ったのは、
メイジーが逃げ込んだのがおじいさんの部屋ではなかった、
というところだった。
あの子のよるべなさを表現しようとしたのだろう。
ぶっつぶしてもらえて、
むしろメイジーのためにはよかったとおもうよ。

メイジーの秘密が
悪者によって明かされる場面は残酷だった。
おいつめられた大人は
自分の立場をまもるために
あのようなことをするものだ。
相手の心をより効果的に傷つける、
そのためだけに、信じられないくらい狡猾になり
ああいうことをするものだ。
受け止めきれないほどのショックをうけた
メイジーの表情をみるのが こちらもつらかった。
大きな窓ガラスにうつった自分自身の姿を
呆然と見つめる彼女があわれだった。

・・・

うーん
やっぱり85点くらいかな・・