BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

九代目雷門助六師匠の顔をみにいった-180722。

静岡県藤枝市まで足を伸ばし、
九代目雷門助六師匠とそのお弟子さんの
親子落語会をきいてきた。
(藤枝落語会、藤枝市「小杉苑」、14:00~
九代目雷門助六/雷門音助/江戸家まねき猫)

お弟子さんが藤枝の出身だそうで、
その縁で5回めをかぞえる(いや4回めだったかな?)、
おそらくはおもに 地元のかたのための、
お楽しみ会みたいなものだ。

きょうび空前の落語ブームで、
ほぼ毎日、東京を中心にどこかしらで高座がある。
自分の地元における助六師匠のスケジュールを 
知らないわけじゃもちろんないけれど、
なにしろこのまえ桂歌丸師匠が お空にいかれたことが、
わたしのなかでは大きかった・・・。
助六師匠は70代。この連日の酷暑、
縁起でもないがもしかしたら歌丸師匠の天国落語会に
ひきぬかれるんじゃないかという 不安があたまにとりつき、
一回まずはできるだけ早く顔をみておきたく。
来月までとか悠長なことをいっていられる気分でなかった。

案の定というかこの藤枝の落語会、
会場に到着してみると、コンセプトといい、
自分の場違い感がすごかった。
いまは子どもや若者にも落語をたのしんでいる人が
ほんとうに多い。
だからもっと幅広い年齢層のかたが
くるんじゃないかなとおもっていたのですが、
かなり本格的に、
「地元のおじいちゃんおばあちゃん向け」だった。
いろいろな意味で、お呼びでなかった。

おそらく お客さまはみなさんご近所さん同士だったのだろう。
そこにどう考えてもなにか、
まとっている雰囲気が異質まるだしであろう自分がとびこめば、
浮くのも道理というもので、
遠慮なくすっごくじろじろ見られた笑。

・・・

でも、そんなことより、
助六師匠の元気な顔がみられたことにほっとした。
あいかわらず小柄、細くてうすくてかわいてて、
座布団のほうがよっぽどふかふかしてみえるくらいだったが・・・
声ははりあげずとも ハスキーボイスがよく通るわ
(ビョークの歌声を連想する、師匠の声をきくと。
まあぜんぜんちがうんだけど笑・・・。)
舞うわ踊るわ跳ねるわで  おもったよりもずっとお元気そう。
ただ、夏バテで本調子じゃないよとは おっしゃっていた。
それはとても気がかりだった。早く元気になってほしい。

助六師匠の噺によく登場する
「よっぱらいのおじちゃん」キャラ、
かわいくお行儀もよく、罪というものがなくて、最高だ。
ほんとうにお酒をいれてやっているわけでもないのに、
よっぱらっていることが即座にわかるというか
人格そのものがパッとスイッチするような あの演技。

あとで感じたことだが、
沈黙を恐れないところや、
あえてことさらゆっくりしゃべるところも
師匠のすごさなんじゃないかと。
噺家はしゃべるのが仕事だから
いっぱいしゃべるものというかんじがあるけれども、
お弟子の音助さんとくらべると、
信じられないくらい、しゃべってなかった。
しゃべってなかったし、
センテンスとセンテンスのあいだの
空白が、ときに、とてもながかった。
でも、ちっとも気まずくないし、
その「間」が、笑えるのだ。

おどろいて黙りこくってしまったんだな、
二の句がつげないのだな、
パニックをおこしているのだな、
よっばらっているからうまく言葉がでてこないのだな、
そんなふうに 黙っている登場人物のきもちや
立場が、よく想像でき、
なんともいえないおもしろさを感じることができる。

なにもセリフをはっさない時間を、
セリフをはっする時間と同様に
きちんと自覚的にコントロールしている。

やっぱりそんなところはさすが、なんじゃないかとおもう。

これからも、できれば長くお元気で、名人芸をみせてほしい。
落語芸術協会公式サイトの、助六師匠のスケジュールをみたら
先日みたときはなかったのだけれど 更新されていて、
9月の池袋演芸場の定席出演予定が記載されていた。
いくらか涼しくなっているはずの季節だ。
かならずききにいきたい。

・・・

お弟子の音助さんも、すごくおもしろかったとおもう。

以前、浅草演芸ホールで、たしか三遊亭一門のどなたかで
音助さんとおなじ階級・二ツ目のかたの
高座をきいたのだが、
それぞれ好みはもちろんあるだろうが
わたしはあまりおもしろいとかんじなかった。
緩急がなく 早口の大きな声で
ずっとしゃべりどおしだった印象がある。
なにをはなしていたか 今となっては
まったくおもいだせない。
わたしはなんにもしらなくて、
その日はじめて、噺家の階級や
修業期間などについての概要を知ったところだった。
二ツ目は、助六師匠などの階級「真打」よりも下の階級だ。
あの三遊亭一門の二ツ目のひとも、
二ツ目だから経験がまだ浅く、余裕がないのだろうなどと
納得していた。

今回ききにきたこの藤枝の落語会
わたしはただただ助六師匠を聞きにきたので、
こんなことをいったら悪いとはおもうけど
二ツ目の音助さんの高座には
まったく期待していなかった。
期待していないというか、意識の外ですらあった。
しかし、
音助さんは お歳のわりにどこかどっしりとした
おちついた雰囲気のあるかたで、
場をなごませるトークがとてもじょうずだった。
キャラクターの演じ分けが明確で、
情景がとても想像しやすかったし、
今どきの言葉(「スローモーション」とか)を
織り込みつつ わかりやすくはなしていくので
相当 ひきこまれた。

助六師匠は たぶん、
どなったり理不尽なことをいったり
うえから押さえつけるようなことをして
お弟子を萎縮させる 師匠ではないのだとおもう。
音助さんは、のびのびとやっているようにみえた。
師匠が 寄席おどりをするときに、
高座から 袖にいる音助さんに
「音助、さっき何踊ったの」と声をかけていたのも
自然な感じで、お客さまの前だから
師弟関係に問題がないことをアピールしている・・・
などといったかんじではなかった。
(そんなアピールがほかの師弟関係だとあるのかは
知らないが笑)
師匠は
「さっき楽屋で、
大相撲で優勝したひと(御嶽海)の名前を
音助に教わって 覚えたはずだったんだけど
5分後にはおもいだせなくなってまた同じことを聞き、 
音助に『さっき教えたばっかりじゃないですか!』と
言われてしまった」
とも話してくれて、
楽屋のほんわかした雰囲気がつたわってきたような気がした。

色物のゲスト・江戸家まねき猫さんも
とってもかわいくて、たのしませてくれた。
初代の演技が録音されたレコードの再現とか
お父上やお兄さんとリリースしたという初めてのCDの
エピソードなどをおりまぜて
動物の鳴き声芸をみせてくれた。
鳴き声の芸がうまいだけでなく、
アクションがなんだかコミカルでかわいいのだった。
オスのネコちゃんとメスのネコちゃんの
発情期の鳴き声、などというのもやっていたが、
誘われてうれしそうにもじもじする
メスネコちゃんのようすを
すごくかわいく表現していてよかった。

・・・

会場での
地元のお客さまがたと自分との距離感については、
場違いすぎるわたしをあわれにおもったのか
それとも、べつにあやしい者などでなく、
ただこの場を皆と同じく楽しもうとしている仲間、
と理解してくださったのか、
後半は わたしと目をみあわせて
一緒に笑ってくれる奥さんなどもいた。

ご家族につきそわれていらしていた、
呼吸器をつけた車椅子のおばあさんは・・
世間話のなかで、
助六師匠が歌丸師匠につれていかれないか
心配で顔をみに とんできたのです」と話したところ
「わたしもそう思って
息子にたのんで連れてきてもらったのよ~」
と共感をしめしてくださったが
そんなおばあさん、御年90代とのことで
なんと返事をしたらいいやら
こちらが言葉に詰まった・・ 
うっかりあんな話にもっていくべきじゃなかった涙。