BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

「ファンタスティック・プラネット La Planète sauvage(1973)」-180716。

ファンタスティック・プラネット」を観てみた。
(La Planète sauvage ルネ・ラルー監督、
1973年、仏・チェコスロヴァキア合作)

f:id:york8188:20180717010344j:plain


movie.walkerplus.com



従妹がDVDをかしてくれた。
買っただけで、まだ観てはいないそうで、
未開封だった。

フランス語版だったため ちょっとよわったが
セリフがそんなにおおくなかったし
英語に切り替えることで
あらすじくらいはどうにかこうにか理解できた。

ドラーグ族とオム族という
ふたつの種族が共生する とある星の物語。

高度な科学技術力を有するドラ―グ族は
オム族をまるで虫けらかなにかのように扱い
スナック感覚で定期的に大量虐殺。
オム族は ドラーグ族におびえながらも
ちいさな集落をあちこちに築き
ひっそりと暮らしている。
オム族の子ども・テールはある日
ドラーグ族の少女にペットとして拾われる。
成長したテールはやがて逃走、
少女のもとでえたドラーグ族のさまざまな知識と
テクノロジーを 同胞のために活用し
オム族が安心して暮らせる道を模索していく。
だが、ある事件をきっかけに
ドラーグ族のオム族殲滅作戦が激化。
テールたちが暮らす仮の居住区も
危険にさらされる・・・

このストーリーをどこかで先に、
観るか読むかして、
知っていたような気がする。
でも、なんだかはわからない。
ストーリーじたいは 奇抜というほどのことはないので
なにか似たような小説や映画と
混同しているのかもしれない。

このようなアニメ映画が
40年以上も前にもうあったというのは・・・。

ボッティチェリとフラ・アンジェリコ
ヒエロニムス・ボスを
こまかくきざんでよく混ぜたあと
4世紀ごろの宗教画から煮だしたスープをたっぷりかけて
煮こごりにしあげたような ビジュアルは
かわいくもなんともなく、なまなましく、
気味がわるくて、
生理的な嫌悪感みたいなものさえあおってくる。
でも、キリスト教文化圏外の映像作家が
どんなにそっくりに本作をまねたものを作っても
ぜったいにこのかんじは出せないだろうと
おもわされる なにかどうしようもなくこびりついた
においのようなものがあり、そこに強くひかれる。

諸星大二郎の 
不安の立像 や カオカオ様がとおる 
夢見る機械 などを
アニメで観てみたいような気がする人はきっと
わたし以外にもいるとはおもうけど、
でも、数はとてもすくないだろうし、
また、アニメ化して、それでどうする!と考えると
たしかに、どうしようもない笑。
諸星大二郎のあっち系のマンガは
もう、アニメ化はされないような気がするし、
変な話だが、アニメ化されても、なんか、困る。
早すぎたし、遅きに失したし、いつでもない。

本作はそんな
かなわないとわかっている かすかな願望を
決してイヤなきもちにならない形で
うめてくれるような映画だった。

主人公のテールが 新天地への旅団に参加していたのか、
それとも 星にのこり、オム族殲滅作戦の最終段階のどこかで
命を落としたのか、はっきりとは描かれていなかった。
彼は「脱出してください」と 仲間に指示してはいたが
自分も行きますとは言わなかったとおもう。

一方的な蹂躙と決死の抵抗、
戦いののちの共存という事実を無視し、
無機質な記録だけをかたりついでいく・・・という
結末の描写には 強烈な皮肉を感じる。

こういう映画は子どものときに
なにかにまぎれてうっかり、みたいな形で観て、
心の奥底に 傷として
しっかりきざみつけておくのが
いいような気がする。