BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

ビッグイシューのカバーが真木よう子さん/「宝石の国」を観始めた-180621。

2週間に1回の割で 新宿の病院にいく用がある。
小田急新宿駅の出口のところにいる販売員さんから
ビッグイシュー」の最新号をいつも購入している。
前号の、カバーがリリー・フランキーさんのは
買いそびれたが 
販売員さんはバックナンバーも持っている。
次行ったとき 出してもらって買おうとおもう。

毎回 ペットボトルのお水を1本 差し入れしている。
けどたまには 塩分のとれる・・・経口補水液的な 
ポカリスエットのようなものを
差し入れして変化をつけてもよいのではあるまいかと
このまえ友人にすすめられたことを 思い出し
今日、1冊購入したときに
レモンスカッシュ的なものを買って さしあげた。
販売員さんがそういうの好きかわからないけど。
いちおうおもてむきは すごくよろこんでくださった。

最新号のカバーは真木よう子さんだった。
元気そうな姿をみることができて うれしかった。
すこしふっくらとしたようで 健康そうに見えて安心した。
元気でいて 自分の演技に集中していてくれれば
それでいいとわたしはおもう。
それにしてもマリオン・コティヤールをおもわせる
まるいお顔と おおきな目、気品のある笑顔。
ほんとにすてきだ。

・・・・・・・・・

このまえ市川春子さんという才能あるマンガ家を知った。
市川春子さんの同名のマンガが原作の
宝石の国」というアニメを観てみている。

f:id:york8188:20180621234624j:plain


afternoon.moae.jp

 

land-of-the-lustrous.com



映像がすごくきれいだ。
これからなにがおこるのかはぜんぜん予測ができない。
「虫と歌」に、菩薩さまの掛け軸がでてくる場面があったけど
作者は仏教芸術か・・・宗教的なものに 
関心があるのだろうか。
宝石の国」は、すごく宗教的な物語だとおもう。