BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

手記-其の伍(仮題)-途絶-20180223

もしかしてなんだけれど

本題に入れないのは 
思い出すことを恐れているからなんだろうか。
そこまでのことだとおもっていないつもりだったけど。
じっさい そこまでのことじゃないような気がしてるんだけどなあ
またぞろ たかをくくってたんだろうか。
文章化し 客体化することによって
はっきりと自分の眼で見るのが怖い
ってことかな??

書きたくないから こんなに
さして必要ともおもえない 前段階の記述が
長くなっちゃってるのかなあ。

そんな繊細っぽい問題に 
このわたし程度の者が ぶっつかるもんだろうか
わたし程度の者だから 
むしろぶつかるのかな???

書くのをやめてしまったらもう
前に進むことができない気がする。
ほかに方法があるとおもえるなら まだぜんぜんいいのだが。