BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

能「道成寺」を観てきた(20180203)。

道成寺」みた。
(2月3日、宝生能楽堂

f:id:york8188:20180205223806j:plain


宝生会公式サイト↓

公益社団法人 宝生会


道成寺」のストーリーはこうしたサイトなどでだいたい知れる。↓

www.the-noh.com




眠くなっちゃったらどうしよう、と 心配だったが
杞憂におわった。
能というと 
親しむ気になれない要因=「わからない」が山盛りお皿いっぱい、
におもわれる、「ザ・伝統芸能」だとおもう
たとえば
・言葉が古い(話がわからない)
・動かない(なにをやってるのかわからない)
・お面をつけてて表情が見えない(登場人物の感情がわからない)
・舞台装置がすくない(状況がわからない)
・音がすくない・音楽に調性もとりとめもない
(どんな気持ちで観ればいいのかわからない)
などなど。 

わたしでも 鑑賞しようと決めるのにちょっと、勇気みたいなものが要った。
けれども、同様にほんのすこし抵抗があった「歌舞伎」を、
先日「シネマ歌舞伎」で初めて鑑賞した結果、おもしろかった。
それで、なんとなく、お能もいいんじゃないかと考え、
チケットをとってみたしだい。

じっさいにみて すぐに気づかされた。
「観てもわからなそう」は、ひどい思い込みであった。
みために情報がすくないぶん 想像がかきたてられ
「わからない」にとどまることがない、というのが最大のポイント。
理解のために五感が勝手にフル回転し、眠くなるどころではなかった。
わたしだけでなく、お客さんのおおくが 
ものすごく集中して観ていたとおもう(ちなみに会場は超満員。)
ただし、
しずかに足をうごかすだけ・・に見える・・の動きを、
体の向きを変えつつ30分にもわたってくりかえす
「乱拍子」の舞のときだけは、話は別だった。 
お客さんたちが 催眠術にかかったようにばたばたと寝入っていった。
いびきの音がすごくて(わたしはなにもわるくないのだが)
なんだか気まずくてしょうがなかった(^^)。
乱拍子の舞については、シテの佐野登さんがプレトークショー
「乱拍子で意識がとおのいてしまうお客さんがいっぱいいますが、
一見 足を動かしているだけにみえて、じつは複雑なことをやっている、
奥深いシーン」
「それに、ここで寝てしまうと、直後の華やかな急の舞を
みのがしてしまうから、がんばってみてほしい」
とおっしゃっていた。
自分はさいわい たいくつだという気持ちにならず、
睡魔にもおそわれなかったので、
まばたきの回数すら最小限におさえ、舞のすべてをこの目に焼き付けた。

所作、音、唄、衣装、雰囲気、舞台装置、段取り、舞踊、狂言とのバランス・・・と なにもかもが新鮮な2時間であった。

でも、DVDや動画サイトなどで観ても同じような感動を 
あじわえるものかはわからない。
緊張感、臨場感を満喫したければ 
能楽堂に足をはこぶのがベストじゃないだろうか。
チケットは一般的に かなりいいお値段みたいなのだが・・・、
わたしが今回観たのは 出版社が後援する企画もので、
演者によるプレトークショー(ゲストにダンサーのSAM・・・)や、
衣装の展示などの初心者向けオプションが充実し、
料金システムも多彩。
自由席3000円で、なんの問題もなく観られた。
昨今は、やる側も、伝統の火をたやさないために 
なんとかみんなに観にきてもらおうと いろいろ知恵をしぼってる。
この手のイベントっぽいものをチェックすれば 
比較的気軽に お能も歌舞伎もみられるはずだ。
※ただ、現代的音楽やサブカルとコラボしたものを
むやみに導入編として観るのは 個人的にはどうかとおもうが・・・
(たとえばJAZZ×能とか 「ワンピース」×歌舞伎みたいなの)
 
「能」、一度は生で鑑賞されることを、みなさんにおすすめしたい。