BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

最終目的地を忘れない

心が絶えずみだれ、おちつかない。

おもな要因は
いそがしいのと 
「本音を言えば そりゃこんなことはちっともやりたかないんだが
しかし やらなくてはならない」
っていうことに取り組んでいることに起因する
まあ一言でいえばストレスにあるんじゃないかなと 
いちおう考えている。
べつにだれかにむりやりやらされているわけじゃない
自分で選択してやっていることだ
でも 自分で決めたことならいっさいストレスがたまらないか、
疲れないかというと ふつうにストレスはたまるし疲れる(^^)
そういうものだろ。言うか言わないかのちがいだけで。
わたしはそういうの 認めないのはどうかとおもう(^^)

むやみやたらな さびしさや焦燥感をおぼえ
すごくくるしくなることがある。
正直なところ 
死んじゃおうかなくらいのことが頭をよぎる瞬間も
何度となくある。
きょうもそんなときがあって まいった。
進行中のできごとと、そのきもちとのあいだには
なんの関係もありはしないのに
(つまり いくらなんでも死にたいとかおもうほどつらいことに
取り組んでいるわけではない。)
なんでそんな 追い詰められたきもちになるのかわからない。

まあ ようするに疲れてるんだろうな。

つらいのだが、
そういうときは 自分にはこのさきに行きたい場所が
ちゃんとあるんじゃなかったのかと 
その部分を見つめなおすように努力している。

成長したいと  今できないことができるようになりたいと
自分はおもってきたはずなんだよな、
勉強したいんだよな
というのを できるだけ思い出すことにしている。
いっときのさびしさや苦痛に
一日に何度ものみこまれ 食いつぶされそうになるが・・
極力 冷静になって考え直す。
なんだかしんどい作業だがそこをなんとか努力している。
それでけっこう もどってくることができる。

気をしっかりもって 取り組まなくてはならない。
わたし自身のことであり、わたしがやらなくてはならない。
まだ これをお読みくださっているかたがたに
詳しくお話することができず
わたしもほんとにざんねんなのだが。

これが終われば ためらうことなく前に進める。