BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

映画の感想-「花戦さ(2017)」-170612。

花戦さ(はないくさ)」
篠原哲雄監督、2017年)

movie.walkerplus.com

f:id:york8188:20170612013830j:plain

けっこうたのしかった。
原作は鬼塚忠の同名小説で、
古い伝説をもとにした時代劇。

ストーリーはだいたいこのようなかんじ。
ときは天正年間、
舞台は織田信長から豊臣秀吉へと
治世がうつりかわるころの京都だ。
都に、頂法寺というお寺がある。
このお寺は、お坊さんがみんな、
池坊(いけのぼう)」という流派の華道をやる。
町の人たちにも気軽に
お花を教えたりするので、
とても慕われているお寺だ。
そのなかに、
専好(野村萬斎)というお坊さんがいる。
天才的な華道家の彼は、
ときの天下人・織田信長にも目通りして
才能をみとめられ、そこで出会った
茶道の大家・千利休佐藤浩市)と
親交をふかめていく。
しかし、信長がこの世を去り
豊臣秀吉市川猿之助)の時代になると、
おだやかだった専好の身辺が
さわがしくなってくる。
秀吉と利休の関係が悪化してきたのだ。
利休はやがて、自害を命じられて果てる。
利休が秀吉との関係に
長年苦悩してきたことを知っている専好は、
友の死に心をいためる。
だが、秀吉は、
利休と親しかった専好のことも気に食わない。
専好が民衆を扇動して
反乱を企てているのではないかなどと
よしないことを考えはじめる。
さらに、秀吉は、
跡取り息子の急死をきっかけに
心のバランスを崩し、
いっそう酷薄な暴君と化していく。
自分を悪く言う歌が
町に貼りだされたと聞けば 
町民をとらえて虐殺、
自分を「猿」と からかったといっては、
いとけない子どもまでも打ち首にする。
千利休の最期と町の人びとの苦しみを
まのあたりにした専好は、
その心にしずかな怒りの炎を燃やし、
やがて秀吉を相手どり
「華の道をもって上さまをおいさめする」、
花戦さ」に挑むことを決意する・・・。


古い伝説をもとにした・・・と先にのべたが
その伝説は京都の池坊頂法寺
つたわっているものだそうで、
池坊専好(初代)も実在の人物だ。
初代専好が信長と秀吉に目通りした
という記録もほんとうに残っていて、
千利休とも生きた時代をおなじくしている。
だからこの物語は
まったくのフィクションてわけじゃない。

わたしはこの映画には 
深みとか隠喩とか 
思考に値するものは ない、と感じた。

エピソードの取捨選択とそれぞれの接続、
という点でも、不親切なところが
すくなくなかった。
昨今の時代劇映画の主流らしく、
親切設計を旨としているかんじが
非常に強かっただけに、
かえってちいさな穴が気になった。
はっておいてほしい伏線を
はらないというか、
「こんなこともあったよね!」
と だいじなところで初見のエピソードを
いきなり持ち出すパターンが散見された。
「そんなだいじな話あるんだったら
前もっていっとけや!」。

たとえば みなしごの蓮の話をいれなければ 
もっともっと丁寧な話運びを
することは十分可能だったろう。

でも、配置や接続の問題はおいても
ひとつひとつのエピソードは、
とても誠実に描かれていたし、
どの話も わたしはすきだった。
とくに、序盤も序盤だが、
専好と利休の、草庵の場面がよかった。
じつをいうとわたしは泣いた。
なんだかとても、
ふたりのことが いとおしくて。

専好は、じつに変わってる。
心が純で、悪い男じゃないが、
病的といっていいほど、
人の顔と名前、約束ごとが覚えられない。
だいじな用事も約束も散歩歩けばわすれ、
別のことに気をとられて、
心がそっちに飛んでいく。
まわりの理解があるからまだいいが、
彼ひとりでは、社会生活にも難儀する。
現代でも、身近にいられたら、
正直かなり困るタイプだ。
それなのに、彼ははやくから、
寺をとりしきる役目なんかを
まかされてしまう。
順当にいけば そうした役目に
適任のはずの人物はほかにいたのだが
その人たちがたまたま病気になったり
都合がつかず、彼におはちが回ってきたのだ。
でも、要人と会見してそつなく談笑・・
といったような大人の実務が
壊滅的に苦手な専好にとっては、
寺の顔役なんて役目は つらいだけだ。
専好はただ日々 仏さまを拝み、
町の人たちといっしょに
お花をやっていたいだけなのに、
それがままならなくなったことに、
悩んでいる。

千利休の草庵の場面が、
そんな専好の悩みを晴らす
おおきな転機として描かれていて、
とってもいい。
専好は、利休がたてたお茶に深くいやされ、
吐き出すように 悩みをかたりだす。
じつはふたりがまともに会って話すのは
この日がはじめてなのだが
幼児のごとくおのれのダメさをさらけだし、
男泣きに泣く専好を、利休は
「もう一服やってくか」と
やさしく受けとめた。
利休は利休で、このころにはすでに 
秀吉による偏執的いじめに
悩むようになってきていた。
相手が天下人なだけに
さからうこともできず、
やりばのないストレスに苦しみ、
でもそれだからこそ
人の心の痛みがわかる
利休という人物を 
佐藤浩市がうまく演じていた。
あの「目が笑ってない」かんじが
とてもよかった。
わたしは佐藤浩市には
メンタルがささくれてそう、
みたいなイメージをもっているので、
佐藤浩市千利休!?と 
配役を知ったときにはおもったのだが、
メンタルささくれ感が、
かえってよかったみたいだ。

専好を演じた野村萬斎は 偉大。
専好があまりにも
先述したように
忘れっぽく、社交ベタ、
ぶっとんだかんじの人物で、
みていてイライラさせられたほどだったが、
そんなふうに観る者に思わせる
演技ができるなんて、すごい。
声の高低差やしゃべるスピード、
視線などをコントロールすることで、
専好の性格やオン・オフのモード切り替えを
くっきりと表現していて
おそろしい役者さんだとおもわされた。

豊臣秀吉役の市川猿之助は、
多面的で分裂ぎみな秀吉の人物像を
まじめに引き出そうとしていた。
こういう男だったろうな、という、
納得感があった。
欲をいえば、
もうちょっとエキセントリックもよかった。
信長の御前で平気で耳をほじったりする
「猿」なかんじを、
えらくなってもひきずっててほしかった。
ただ、利休に対したときの、
キモチ悪い「男のいじめ」の表現は
すごくうまかった。
千利休と秀吉の関係については 
いろんな本で読んできて、
わたしも知らないわけじゃないけど、
いまだに、いったいあれは
なんだったのか、とおもう。
女よりも男のいじめのほうが、
陰湿でたちがわるいとは聞くけど。

石田三成役の吉田栄作は、
秀吉の腰巾着キャラをうまくこなしてた。
彼はかつてはもっとカッコイイ、
イケメン俳優の部類だったとおもうが、
歳をかさねて しわができ、やつれた顔を
堂々と見せていて、尊敬した。

専好が秀吉にしかけた「花戦さ」が、
この映画のまさにクライマックス。
冗長だったような気もするが、
専好が披露した大作は華やかでうつくしく、
場面は緊張感にあふれ、よかった。

それにしても、
花の背後にかけられた絵は
どこからもってきたのか・・・
秀吉がコレクションしてたらしい
「むじんさい(無尽斎?)」の絵だ。
モデルは長谷川等伯の、
あのおさるの絵だと考えて
まちがいないとおもうが。
あのかわいいやつ。 
そうならば、
前田利家かだれかにたのんで、
所蔵品をかりたという設定なんだろうか。
でも利家の持ち物だとしたら、
秀吉に奪われずに隠しておけたのも
おかしいような気もするが。
秀吉は執着していたから。
「むじんさい(無尽斎?)」の作品に。
ああいう画題の絵だと知ったら
「だれがいるかこんなもん」とは
言ったかもしれないが、
画題をしってたらしってたで今度は、
怒って利家を殺さなかった
(または絵を棄てさせなかった)
その理由がわからない、
ということになる。
ネットでしらべたかぎり、
長谷川等伯のおさるの絵は
前田利家の息子の持ち物だった」
らしい。
利家の所蔵品という設定なんだろうが。
どうせなら、蓮にあの絵を描かせた、
という設定にしてもよかったのに。
・・・ダメか(^^)。


それにしても「花戦さ」の場面は、
まあやっぱり、くさっても
秀吉が「良いものは良い」と
ちゃんと言えるだけの
見識を持つ男だったからよかった、
ということなのだ。
秀吉はときの最高権力者だ。
専好を殺すことはいつでもできた。
でもそれをしなかったところが
秀吉なんであり、
あのときはそういうときだったのだ。
専好をふつうに斬り殺して、
そのあと秀吉が号泣、
でもよかったとおもうが。
・・・ダメか(^^)。

跡取り息子をなくして
失意の底にあった秀吉に
「あやまちをおいさめする」なんて
一介の花坊主の趣向が通じるのか、
ともおもったが、
心がへこんでいるときだからこそ
かえって人のきびしい意見が
すんなり耳にはいってくる、
ということもあるだろうから、
それを考えるとかえって
アリなタイミングだったのかも。


本作は、
野村萬斎市川猿之助
つまり狂言と歌舞伎の
トップスターの演技合戦がみたい人には 
それだけでもかなり 価値ある映画。
ただ、
お茶やお花が
「趣味」「たしなみ」
ではなく、
「人生」「闘い」
であったという
歴史的大前提を理解してないと、
この映画はちょっと、
わけわからんだろう。
だからそこは雰囲気だけでも
把握しておくことをおすすめしたい。