BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

2017年5月7日の思い出/映画の感想-「ワイルドスピード ICE BREAK THE FATE OF THE FURIOUS(2017)」-170522。

5月7日は
ワイルドスピード」を観た。

ワイルドスピード ICE BREAK」
原題:THE FATE OF THE FURIOUS
F・ゲイリー・グレイ監督
2017年、米 

f:id:york8188:20170522000115j:plain

movie.walkerplus.com


今回はドミニク(ヴィン・ディーゼル)が
仲間を裏切ってサイバーテロリストに加担するという話だった。
シャーリーズ・セロンが、
ずいぶんうまく、サイコな悪役をやっていたとおもう。

ジェイスン・ステイサムがすっごくかわいらしかった(^^)
あと、ヘレン・ミレン姐さんもすてきだった。

車を使ったアクションは、シリーズをかさねるごとに
派手に、手がこんできている。
今回の敵は、街中にある何台もの自動車を遠隔操作して、
弾丸代わりに使う(じっさいの映像をみればわかる)
という とんでもないやつらなもんで
街がもう、スゴイことになっていた。よくやるわなー。

めちゃくちゃなところは数多く、
ドミニクが部屋の入り口にかけた十字架のネックレスが・・・
というところを観たときはもう
ツッコミを入れる気力もうせてたが、
そんなところがいくらあったとしても
観ていてあきることがなく、ずっとたのしめた。

ただ、これいっちゃ身も蓋もないかもしれないが、

「車」がすごくだいじなポイントのシリーズなのに
車をそまつにあつかいすぎってかんじがする(^^)
壊しすぎでしょ車!
シリーズの最初のほうはここまでじゃなかったと
記憶しているんだけどなあ。
もうちょっと、車をだいじにしたらどう(^^)???