読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

10月3日。「ボーン・レガシー The Bourne Legacy 」(2012)

前の職場で自分は一生懸命仕事をしたが、
とくに社内表彰をうけたりはしてないし、
がんばった成果が数値ででるような仕事ではなかった。

職務経歴書をどういうふうに書くか迷う。

まえもおなじようなこと思ったことがあったけど。

あと、退職の理由を面接で聞かれたらなんと答えたらいいもんか。

若気の至りとか言っておけばいいのか(-_-;)?
じっさいそのとおりだもんなあ。


就職支援センターのおねえさんと面談のときに、相談してみよう。







ボーン・レガシー」を観てきた。
トニー・ギルロイ監督、2012年、米)

f:id:york8188:20161229185140j:plain

 

movie.walkerplus.com



100点満点なら85~90点くらい。
よかった。
おもしろかった!

あとの10~15点は次作への期待分。

不満があるとすれば、
ひとつには、ジェレミー・レナーのアクションを
もうすこしたくさん観たかった。

もうひとつは、
CIAの極秘プロジェクトなるものがいくつか存在している、
という設定なのだが
どれも金太郎アメのように切っても切ってもおなじようなかんじの計画で、
内容を知ってもあまり驚きがなかった。
ああいうかんじのプロジェクトならば、
すでにマット・デイモンの「ジェイソン・ボーン」シリーズで、
ジェイソンが闘って、暴いてきているはずだ。
わたしはジェイソン・ボーンシリーズをひとつもまともにみていないから
完全にイメージでものをいっているのだが
そういう物語のはずだ、あのシリーズは。

もちろん、それらのプロジェクトがよりハードに、
より改良されたバージョンが、
今回問題になってる案件であるというのは理解できたが、
大枠が既出のものと変わらないので、意外性に欠けた。

アーロン・クロスがこれからもずっと闘っていくなら、
プロジェクトの内容的に、さらなる複雑な深奥をみせてほしい。

かわいそうだし。アーロンが。
こんなことのために俺は体張ってがんばってきたのか・・、
と がっかりさせるのは。


それにしてもCIAというのは、ほんとにこんな、
陰謀とか暗殺とかそういうことばっかり考えているような
つまらない組織なんだろうか。

権謀術数に、日々血まなこで取っ組んでいるわりには、
リスクマネジメントが妙に素人くさい。
満を持してスタートしたプロジェクトにもかかわらず
ちょっと都合が悪くなるとすぐ中止、すぐ隠蔽。
世間から真相を隠すためなら、プロジェクトに関わった人を
皆殺しにしてもおかまいなし。
そこには葛藤がまったくかんじられない。
人の命をなんだと思ってるんだ。
だいたいあのような雑な処理のしかたでは、
禍根を残すし、外部にかぎつけられて、騒がれるに決まっている。
それに、コソコソと陰で弄する悪徳プロジェクトで、
なにがしかをなし得たとしても、
そんなのが果たして長続きするものだろうか。
真に国益を思うなら、血税をつぎこんで陰謀!とか陰謀中止!とか、
そういうのをまずやめるべきでは・・

映画なんだからそんなこと怒ったってしょうがないんだけども。


だって、これじゃ
アーロンがかわいそうじゃないか。(アーロンびいき。)


この映画は、マット・デイモン主演の、
いわゆるボーン3部作を継ぐ、新シリーズになるようだ。
ボーンシリーズを1作も観たことがなかったから、
ボーン・レガシー」を観るには前3部作を
DVDで観ておきたいと前から考えていた。
けど結局 第1作の「ボーン・アイデンティティー」をかろうじて
さらっと さわりのところだけ観た程度で
レガシーに突入してしまった。
がまんできなかったもんで・・・

ボーン・シリーズが、すごい人気を博したことは、
わたしも知っている。
ただ、なんとなく、食指がうごかなくて、観なかった。

要は、ほんとのとこ、こういうCIA、FBIとか
「国家の陰謀」みたいな話の映画が苦手なんだよな・・
人がいっぱい出てくるし、外人さんって、
こういっちゃなんなんだが、みんな同じ顔に見えるから、
あんまり難しい話だと、
敵か味方かわからなくなって、話についていけなくなるんだよ。
「陰謀」を弄するのはだいたい、スーツ着てる外国人の男だから
スーツきてる外国人の男がいっぱいでてくる映画は
むずかしくってついていけない場合が多いってこと(^^)


でも「レガシー」に限って言えば
ボーン・シリーズを観ていなくても、ついていけた。
会話を聞いていればだいたい、理解できた。
なにせ、CIAのすることが、「金太郎アメ」だったので。

むしろ前のシリーズをほとんど知らないで観たおかげで、
映画そのものを、素直な気持ちでおもいっきり楽しめた。


たとえ展開についていけなかったとしても
わたしは「レガシー」を観たかったし、
観たことを悔いたりもしなかったとおもう。

なぜならジェレミー・レナーが主演だからね!


アーロン・クロスを演じた彼が最高によかった。

アーロン・クロスは鬼のように強く、仕事ができる反面、
礼儀正しく、心がすごく純だった。
ありがとう、とか世話になった、などとしっかりと人に言うことができる。
ああいう仕事をしてたら、毎分20人くらいには迷惑かけて
世話になってるはずなので、
いちいちだれに何をしてもらったとか憶えちゃいられないと思うのだが。

アーロンは繊細なのか、いろいろ重い記憶を背負っていて、あわれでもあった。

今作ではアーロンの過去などについて詳しくは語られていなかった。
これから知ることになるとおもう。


ジェレミー・レナー
やっぱりいい。イケてる。
まえから注目してきてよかったな。

お顔が素敵かどうかと聞かれれば、
必ずしも素敵ではない。
ぶさいくでもない。
ふつうというには1回見たらまず忘れないわりとユニークな顔立ちだが。
犬にたとえるなら、
「突然変異で信じられないくらいハンサムに生まれついたパグ」
というかんじだろうか。
ゆるせジェレミー

ルックスの良さで売っている俳優さんではない。
(ただ、笑うとかわいらしくはある。)
そんなわけでルックスはまあふつう(個性派)だけれども、

マット・デイモンに比べたら地味だとか言われているのも
むしろ讃辞におもえる。
個性的な顔立ちでありながら「地味」とか言われるような、
ある意味でどんな場所にもするっと馴染める、
存在のやわらかさがあるのだろう。
主役も張れるが脇役もできる。最高。

それに、これはわたしだけがそう思うのかもしれないが、
ジェット・リーとおなじくジェレミーもたぶん、
ラブシーンを避ける傾向があるんじゃないかとおもう
なんとなく、「そういうのを自分はやらないよ」と
主張しても許されるというか、
それでもいいから出てくださいとオファーがくる役者さんて、
いるんだろうね。
どんなふうに決まっていくものなのか知らないけど。

ただジェレミーに関してはなんとなくだが
許された理由がわかるような気もする
それはまさしくなんとなくだが。


わたしはハリウッド映画によくある
「それ、要らなくないか?」というかんじの
お色気シーン、ラブシーンが、きらいだ。
ジェレミーがもし、あんまりそういうシーンをやらない役者さんなら、
わたしも彼に注目していくのが、気分的にずいぶん楽になる。



これからも他の映画で、彼を観るのが楽しみだ。
ただ、どうも1~2年くらい休業するような話があると聞いた。
しっかり充電してまた出てきてほしい。
わたし待ってる。






図書館で、女優の奥菜恵さんと、
小山明子さんの、自伝を読んだ

奥菜恵さんはわたしは大好きなのだが
この数年あまり見かけなくて悲しい。
あの人はすごい役者になるんじゃないかとわたしは思っている。
また映画などに出てほしい。


小山明子さんは映画監督の大島渚の奥さんだ。
かつて松竹映画の専属女優だった人だ。
大島渚脳出血で倒れたときに、
介護づかれや、夫の病を未然にふせげなかったことへの
自責の念から、重いうつ病をわずらったそうで、
大島渚といっしょの病院の精神科に入院していたこともあったらしい。
大変だったんだなあ・・

その後、大島渚は「御法度」を発表するまでに回復したのだが、
また別の病気で倒れてしまった。
しかも、大島家で長年働いてくれていたお手伝いさんまでも、病気に。
しかしこのときは小山さんはうつ状態にはならず、
いまにいたるまでしっかり介護をがんばれているそうだ。

また、同じような状況で悩んでいる人向けに講演をおこなったり、
自分もスイミングスクールに通って気分転換をしたりしているという。
もう喜寿もちかいのに。

なんという強い心の持ち主かとおもった。
最後のほうに、
「夫はもう映画を作れないかもしれないし、
わたしも女優業ができない。そのことで落ち込むこともなくはない。
でも、きょうを精一杯生きることが大事だとおもう。
わたしはいま、夫といっしょに、
1日を楽しくご機嫌に過ごせることがなによりもうれしい。幸せ。」
ということが書かれていた。

この人がそういうふうに言えるようになるまでに、
どれほどの苦難を乗り越えてきたかと思うと、ほんとに頭が下がった。

きっともう、すべてを自分の肚にすっかりおさめて
人にこのことを語るときでも、
むやみに感情がこみあげて泣いたりは、しないんだろうな。
自分のつらかった過去を話すときに泣かずにいるのは大変なことだが
この人は、もう乗り越えたのだとおもう。

立派だよなー。


なんだか力をもらえた気がしたよ。