BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

わたしはこの人に似ているんじゃなかろうかという妄想

 

f:id:york8188:20161225215015j:plain



写真は
女優のレスリー・キャロン


無論、ぜんぜん似ていないんだが、
それはもちろんぜんぜん似ていないんだが、
言うまでもなく、少なく見積もって
7000倍くらい彼女のほうがすてきなんだが、

わたしはこの人がでてる映画のハイライトを
何度もYouTubeなんかで観てきたなかで
「自分はこの人にすこーし、似ていなくもない」、
という気がしはじめましたのですよ。


ピンク色のシャツがよくにあう彼女に
自分のどこが似てると思うかというと
髪の短さ
まゆげの上がり方
ほおが高くて分厚いとこ。
笑ったときのニカッ!てかんじ。
似てる。気がする。

いや、無論、気のせいだが。
もちろん気のせいなんだが。


わたし自身の写真がないから
比較していただきようがないな
ないのだよほんと。わたしの写真。
写真がすごく苦手で。




レスリー・キャロンはフランス人
やっぱり、フランス美人って、
アメリカともドイツともイタリアとも
はたまたスペインの美人さんとも、なにかちがう。
かわいいんですな。
鼻がつんとしてるとことか。
いたずらっぽい表情。


彼女はもとバレエダンサーだったんですが、
彼女が出演してた舞台をみていたジーン・ケリー
スカウトされ、ハリウッドデビューした人。
「巴里のアメリカ人」など有名なダンス映画、
ミュージカル映画で活躍しました。

わたしの個人的なイチオシは「あしながおじさん」。
大学のダンスパーティーで、
フレッド・アステアあしながおじさん)と踊りまくる場面が最高。
赤色のドレスを着て「スルーフット」っていうダンスを踊っている。
スルーフットというジャンルのダンスなのか、
音楽のタイトルが「スルーフット」なのか、ちょっとわかりかねるが。
足(foot)の動きが特徴的なので、ジャンルなのかも。

カットも、カメラの位置の移動も最小限、
ずーっと長回しで撮られている驚きの数分間。
人間の体ってこんなに美しく多彩な動きができるのか、
と何度観ても感動させられる。


YouTubeで動画を観られるのでよろしければぜひ。
どれも、画質があまりよくないのがいささか残念ではあるが、
十分観られる。
オレンジ色のドレスを目印に「レスリー・キャロン あしながおじさん」と
検索すれば出てくるかとおもう。




そして、セサミストリートの、クッキーモンスター
高校時代、友人に「似ている」と言われたことがある・・

みとめる。
これは似てる。
クッキーモンスター
人間じゃないけど・・(-_-;)





まあ、いいじゃないか。レスリー・キャロンに似てるって
思っててもいいじゃないか。
思うだけなら自由じゃないか!