BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

プータロー8日目。近所のうるさいお兄さんお姉さん。体調。

9月22日


涼しくなったなあ。


近所にバイクの修理などをしているらしいお店があり
そこは世に言うガラの悪いお兄さんお姉さんのたまり場にもなっている

夜中まで騒いでいる

冬でも秋でも公園で花火をやっていて、
朝になるとロケット花火の残骸をわたしの家の庭でいくつも見つけられる

バイクの修理などをしているらしいので
真夜中に
何度も何度も何度もエンジンをふかしたり、あたりを試乗したり
非常ーーーにうるさい

たまに、いやしょっちゅう、
近隣から苦情がはいるようで
おまわりさんがやってくる
夜中でもパトカーの赤いランプがちかちかするので
気になって眠れないこともある


しかし
言うほど気になってはいない。


その人たちのうち何人かは
小学校時代、わたしたちの「集団登校班」のメンバーだった。
みんな学年がひとつ上だった。
登校班の班長さんだった人もいる


中学校もほとんどの人といっしょだった。

要するに 知ってる人たちだ

ついでに
慣れてしまった

だから言うほど困ってはない(=_=)


だが
このあたりに学生さん向けのアパートなんかいっぱいあるけど

不動産屋さんが、入居検討者にぜったい事前に知らせておくべきレベルの
迷惑度だとはおもう。
一般的にいえば。


30歳をすぎたいい大人が、いつまでも中学生みたいなことや、
近所迷惑なことを、しているのもどうかとは思うが。







家で食事をする機会が増えたせいか
体調が心なしか良くなってきた
涼しい時期に入り、夏バテも解消されつつある


あいかわらず明け方にならないと眠れない状態はつづいている

だがまあこの調子でパワーをとりもどしていこう。