BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

蟹ヶ谷でライブ

きのう、港北区の蟹ヶ谷というとこでライブがあったので行ってきた。

東急田園都市線溝の口駅から、バスで20分くらいか?

調べたところ、ほかにもグリーンラインで、最寄りといえる駅がいくつかあるみたいだったけど、
あんまり最寄ってない。いずれにせよ駅から多少、バスにゆられる必要はある。

そのバスがすごく発達していて
たしかに時刻表をみると10分か5分おき、電車なみにバスがある。
朝早くから夜遅くまで通っている。


グリーンラインに乗ったことがなく
夜でもあり、知らない土地の知らない駅におりるのは不安であった。
溝の口駅なら、近くに洗足学園大学があり、
この学校にすすんだ友だちなどもいる関係で、何度か降りたことがある。

溝の口利用 決定。

そんなに、遠いというかんじはしなかった。
遠くはないが、長かった。


住宅街のなかに「ackee's kitchen」ていうちいさなお弁当屋兼定食屋さんがあり
ここが本日のライブ会場になっていた。

お食事処 田舎娘の台所「アキズキッチン/Ackee's Kitchen」


アキさんという女の人がやっているお店で、
ご実家が無農薬野菜の農家とのことで、野菜のおいしさは折り紙つきだ。
お料理も家のごはんを食べているような自然なおいしさだった。


客席スペースは、3畳半か4畳ぶんくらい、あるかないかだ。
もとは持ち帰りのお弁当屋だけだったそうなので、こぢんまり系のだろう。

ちょうどおとといから、お店で食べられるメニューを導入したんだって。


そこで投げ銭ライブをやっていた。

ご近所の方から苦情がきたりパトカーがきて怒られたりしたが

たのしかった。

ああいうのは気になる人は気になるとおもうので。
たしかにうるさかったかもしれない。
アンプをやめたりマイクをやめたり、いろいろ努めたのだが、だめだった(-_-;)

はじめオープンカフェ状態だったのを、最終的に外にいた人もみんな中に入って、
プレーヤーも中に入り、シャッターをしめて密室状態でやった。
ギターとアンプだけでも1畳は欲しいところへ、
立錐の余地もないとはまさにこのことだった。
けどなんか、たのしかった。


プレーヤーのひとりが、あとで、アキさんに
「自分がよく演奏してるライブバーが最近防音設備を改良して、
そのキットがいっぱい余ってるとマスターがいってたから、
もらえるように連絡してあげるよ」と言っていた

このようにしてプレーヤーとハコ、ハコとプレーヤー、というふうに
つながりが生まれていくのか(^^)




帰りがちょっと遅くなったが楽しい夜だった。


ゲッソリ寝た。



きょうはパソコンの設定

きのう、ついに来たんですよパソコン。


および六本木再チャレンジ






この数日すごく涼しくて動きやすいね!