BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

BLEACH 55巻。

ブリーチ55巻
何度か読み返してみて、なかなかの手応えに、今後への期待がふくらんできた。


55巻を近所の書店で買ったら、レジで、特典のガイドブックをもらえた。
どこの書店で買ってももらえるというわけじゃなかったみたいだけど。


内容はそんなたいしたものじゃないとおもうが、このガイドブックをながめてると、
やっぱりブリーチのなにがすごいかといえばそれは画だな、と実感する。
画がいい。


このガイドブックのなかでは、
わたしがいままでブリーチを読んできて答えがわからないままでいる、
いくつかの「謎」の部分がちゃんと取り上げられており、
すくなくともそんな謎などないです、みたいな扱いにはされていなかった。
だからこれから本編を読んでいけば、わからなかったところも、
解き明かされていくかなあとおもう。


しりたいことはいろいろある。
なかでも一護の出生の点と、
一護のお母さんがホロウの犠牲になった、過去のあたり、
あのへんがいちばん
やっぱり気にかかる。

「志波海燕と一護が似ている」と、浮竹が前に言ったことがある点も、気にかかる。

一護が「人間であるお母さん」と、「死神であったお父さん」とのあいだにうまれたとは、
どうもおもえなくなってきた。

もしかしたら一護のほんとのお父さんは海燕だったんじゃないかなあとか。

一心がそこにどうからんできたかはわからないが。

一護のお母さんの「真咲」が
結局どんな人だったかが謎だ。

たしか、護廷十三隊の十番隊の隊長が、ずっとまえになにかの事情で死んで、
隊長のポストがずっと空いたままだったことがある、というエピソードがあった。


また、浦原喜助が12番隊の隊長になったのは
前任の女性隊長が「王属特務」という役目に就くことになったからだったが、
この前任者の女性隊長の顔はわからないままだ。
「猿柿ひよりが彼女を母親のように慕っていた」というエピソードまでつけながら、
どんな人だったかいままでまったく描かれてきていない。


志波海燕の妻で死神だった女性は、ホロウに殺されている。
この人の顔は描かれなかった。


東仙要の友だちだった女性も、死神になったのち、ケンカにまきこまれて殺されている。
この人の顔も描かれなかった。
「目が見えない東仙要は、女性の容姿がどうであろうと、彼女の心の美しさを慕った」
ということを表現した為とはおもうが。


顔がわからなかったから、気になる。
彼女たちが、つまり、だれだったのかが。


おもえばブリーチでは、
女性の死神や、重要な女性のキャラクターが、死ぬというモチーフが
または、死なないけどどこかに半永久的に去るというモチーフが
何回かくりかえし、出てきてる。

わたしにはどうしてかこのくりかえされる「女性死神の死」に、
真咲もつらなってるんじゃないかなと感じられてならない。
つらなっているのではなく、もしかしたらこれらの亡き女性キャラクターのだれかが、
じつは真咲だったのかもしれない、とも
おもう。

わかんないけど。

一護のお母さんは真咲だが、真咲ももしかして死神だったんじゃないかと。
それで、一護のお父さんが海燕だったか一心だったかはわからないが、どちらかだとしたら、

一護は死神と人間のハーフじゃなくて
死神と死神の子なんじゃないかなと。

いつかホロウが言ったように、
一護が「真血」なのは、だからなんじゃないかな。
もし死神と人間とかのハーフだったら
「真血」って言い方をするとはおもえないから。



でもわからない。
ほんとにそれはこれから読んでいかないとわからない。



いちばんしりたいのはそのあたりだなあ。