BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

読書-海外

児童期の読書-子どもらしい本を読まない子どもだった-180613。

ルーマー・ゴッデンはいいとおもうんですよ。ゲド戦記もいいし。チャペックもいい。和田誠の王さまもいい。

わからないのはバカだからじゃない-180504。

足を傷めているし 天気もやや荒れていたからここ2日は遠出をせずにおいた。本を読んですごした。ゲド戦記で涙ぐんだ。受講中のシュタイナー講座のテキストになっている、「教育の基礎としての一般人間学」「自由の哲学」にくわえて「いかにして超感覚的世界…

世界的に有名なネズミの話-180503。

Amazonで中古とかで買えるみたいです。高いけど。

「イワン・イリイチの死」考。

レフ・トルストイの「イワン・イリイチの死」の感想。なにかすごくひさしぶりに 「ちゃんと本を読んだ」かんじがしました。

「ジェイン・エア Jane Eyre(1996)」。

エミリ・ブロンテの小説の実写映画版のかんそう

小休止-20180326

以前、自分なりに考えてみた結果 おもいあたったことなのだけれど、わたしは心身ともに堕ちれば堕ちるほど多少ましなものが書けるようなのだ。だからいまのうちに書いとけと おもわなくもないがなんといっても体が言うことをきかないレベルの場合これは どう…

ほぼ寝てた日曜日

きのう 外出時に体調を崩してからおちつかず外出予定をほとんどとりやめて家で寝てた。近所をすこし散歩はした。帰りに図書館に寄った。クロイツエルソナタを光文社古典新訳文庫で読んでみることにした。でも まえに(トルストイじゃないが)誤訳だらけだと…

アドルフ・アイヒマン

「100人の死は天災だが、1万人の死は統計にすぎない」・・・本人「我々は誰でも等しくアイヒマンの後裔、少なくともアイヒマン的世界の後裔である。我々は機構の中で無抵抗かつ無責任に歯車のように機能してしまい、道徳的な力がその機構に対抗できず、誰も…

波がある/徒歩励行/ダーウィン、池谷裕二、バチカン/The Grateful Dead

本の感想とか。グレイトフルデッドのこととか。 本を読むことだけはちゃんとやっている。ほかのことはあまりちゃんとやっていない(^^)

オリヴァー・サックス「道程 On the Move」/ヨハネ8:3

仕事がたいへんだ。オリヴァー・サックス。自己嫌悪。

最近読んだ本の感想をちょっとだけずつ。

最近読んだ本の感想。ブコウスキー、小林泰三、中島義道など。あんまりくわしくは書いていません。

こんなような本はどうですかね。

とある方面からのご要望におこたえして個人的ではありますが 本の紹介です。 みなさんの本選びのご参考になればじつにうれしいです。ならないかもしらんけど。

夏の嘘はよかった。インデペンデンス・デイ・リサージェンスはまあまあだった。

ドイツの作家の短編集のこと。インデペンデンスデイをみたこと。いずれもちょっと内容に踏み入って書いてるのでそこはよろしく。

プータロー3日目 お金に関するすこしの心配。「エクソシストとの対話」。その他。

無職生活3日目。ねむれない。エクソシストについての本を読んだ。今後の予定。

プータロー2日目 「新世界より」。その他。

無職生活2日目。のんきだ。

スティーグ・ラーソン「ミレニアム」(ハヤカワ文庫)。

スティーグ・ラーソン「ミレニアム」がおもしろい。

「レッド・ドラゴン」再読中。

トマス・ハリスのレッド・ドラゴンを読み返していることについて。作家について。

年賀状書いた?もらった?

べつのブログサービスでブログを開設して間もなかったときに トラックバック機能の練習のために書いたものを こちらにそのまま引っ越した。トラックバックは 年賀状書いた?もらった?というお題だった。