BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

読書-国内

髪の毛を切る/薦めた本が読まれるとうれしい/真藤順丈「宝島」-190621。

美容師さんが、すすめておいた本を読んでくれたのがうれしかった。

小林泰三「因業探偵 リターンズ 新藤礼都の冒険」光文社文庫-190608。

小林泰三大好き

そしてフリーランス/小西甚一「古文の読解」-190606。

完全フリーランス化の経緯。おすすめの古文参考書。

押井守監督の著書3作-190605。

押井守監督の著書まとめて3冊 どれもおもしろかった。ゲラゲラ笑いながら読んだものもあった。うまい。

少年、進撃、邪宗門-190410。

冷えるせいか腰が痛む。さむいだがそんななか かえりみち、 おうちのまえで ひとりもくもくと 補球の練習をしている 野球少年に会った。 ころがってきたボールを ひろってグローブのなかに いれてあげた。 「すみません。あざっす」 日焼けしたお顔にうかぶ 笑…

源氏物語よみかえし/胡蝶、若菜上下~柏木、宇治十帖-190405。

源氏物語をひさしぶりに原文で読み通した。学生時代には何周となく読んだがもう何年も離れてた。さいしょは 読むのがしんどかった。言葉の扱い、表現のしかたに現代の感覚との ズレを やはり感じた。1000年も前のものだ。ズレを感じてあたりまえだ。むしろ10…

花粉/太宰治「斜陽」「満願」/だんごむしからのカフカ「変身」-190306。

自分がだんごむしっぽかったから「変身」読んでみたりした

失態/もようがえ/高橋和巳「邪宗門」考-小休止-2-190224。

この週末は2日とも元気にすごせた。舞台をみにいく予定だったのに時間をまちがえて いけなかった涙

高橋和巳「邪宗門」考-1-190130。

前回がこれ↓ york8188.hatenablog.com だ、大丈夫なのかなちゃんと最後まで書けるかなすっごく自分が心配・・・けどまあ 一記事、一記事、ていねいにせいぜい一生懸命考えて書く、まずはそれ。高橋和巳も、「邪宗門」を書くとききっと毎日 一生懸命だったは…

高橋和巳「邪宗門」考-序-190129。

高橋和巳「邪宗門」おもしろいからみんな読もう!→けっきょく言いたいのはこれ。

居場所/古書店で本を買う/モレスキン-181221。

居場所を増やしていかなくちゃいけない。可及的すみやかに移動する必要がある。いずれにしてもこのままやっていくことは難しい。わたしがそこにいる、ただそれだけでも当然のことながら周囲に影響がでる。ほかの人の居心地をわるくしたり動くにくくさせてい…

日に日に快復/探検/小林泰三「殺人鬼にまつわる備忘録」-181207。

カゼはこんどこそ順調によくなってきている。ついこのまえまで あしたの健康診断 行くのおっくうだなあ、寝ていたいなあ的なことを思っていたのだがもうそういう気持ちは ふしぎとない。あした、ちょっと早起きだがさっさと行ってこようとおもう。キャンセル…

本を探す。-181206。

全国の図書館の蔵書を横断検索できる「カーリル」というWEBサービスがある。 calil.jp 自分が住んでいる自治体の図書館に限って探すこともできるが別の都市のも探せるし 大学図書館のも探せる。国立国会図書館のももちろん探せる。日本全国の図書館が対象…

古書店で本を買う/ひとりでうれしい。-181205。

近所のちっちゃな古書店で本を4冊購入した。幣原喜重郎「外交五十年」吉本隆明「真贋」中上健次「讃歌」阿部謹也「中世の窓から」小柄なおじいさんがひとりで経営されているお店だお店でコーヒーやウィスキーなどの飲み物も出している。何度も立ち寄ったこと…

たまに三浦綾子-181128。

三浦綾子の本 きのう図書館で 何冊かかりておいたので読んだ。 小説作品ではなく 晩年に書かれたエッセイだった 「道ありき」とだいたいにたような 内容だったでもなんか読んでしまうんだよね三浦綾子たまに読みたくなる。なんでもいいのだが なにか読みたくな…

実家/本/高山文彦さんの本-181127。

帰りに実家に出向き、 といっても家には入らず、 外の郵便ポストに 兄あての封書をいれてきた。 家のまえの駐車スペースに 車がなかったから 兄がまだ仕事から帰っていないとわかった。 実家を訪れる必要が生じた いきさつは、こうだ。 実家の光回線の名義を…

下重暁子「鋼の女 最後の瞽女・小林ハル」-181118。

下重暁子 「鋼の女(ひと) 最後の瞽女・小林ハル」 (集英社文庫)books.shueisha.co.jp 瞽女さんは とても愛されたんだなあ。 水上勉の 「はなれ瞽女おりん」(新潮文庫) なんかには ぜんぜんそういうかんじの 描写がなかったような覚えがあるが。書くこととは、つ…

朝はやる気とか出さない-181112。

寝付きにくい日が、 またすこし増えてきた。 今朝、いつもよりもはやい 電車に乗ったら、ひどく混んでいて 気もちが悪くなったついでに ごぶさた!元気してた?とばかりに みじかいフラッシュバックに 襲撃された。 駅のホームでしくしく泣いて ひとしきりす…

興味ある映画ふたつ/村山由佳「La Vie en Rose ラヴィアンローズ」-180926。

「判決、ふたつの希望」 と 「イコライザー2」 は観られるといいなあ。 ※以下、発売されてまもない小説の内容に触れます。 村山由佳 「La Vie en Rose ラヴィアンローズ」 (集英社文庫)http://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-745785-8読…

読書感想-松田美智子「新潟少女監禁事件 密室の3364日」-180828。

きょう読んでみた。松田美智子著 「新潟少女監禁事件 密室の3364日」 (朝日文庫)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=10126 事件や公判については Wikiなどでだいたい知ることができる。 ur0.link わたしがこの事件について よくおぼえている…

読書感想-山田ルイ53世「ヒキコモリ漂流記(完全版)」-180827。

映画は、おもしろいものをぜひとも観たいと、 また強くおもうようになってきた。 5年ぶりに「時間がたっぷりある」 というのを体験することとなり、 なにをすればいいかわからないし・・・ まあ映画でも観に行ってみるか、と やっていたら、 映画がすきなきも…

さくらももこさんの旅立ちによせて。-180827。

漫画家の さくらももこさんが お空に旅立った。「ちびまるこちゃん」の 単行本なら 自宅にもずらりと ならべられている。だがわたしは さくらももこさんの作品は エッセイこそ 圧倒的にすきだ。とくに 「もものかんづめ」 「さるのこしかけ」 「たいのおかしら」 の…

山口県の男の子が無事に見つかった/友だちが出産/「黒祠の島」-180816。

山口県の男の子が見つかったのはよかった。友だちが赤ちゃんを産んだ。小野不由美「黒祠の島」。

先崎学「うつ病九段」読んでよかった。-180811。

ひさしぶりにちゃんと最後まで本読んだ。いい本だった。著者のことをすきになった。

映画の感想-「パンク侍、斬られて候(2018)」-180709。

先週観た映画の感想です。だまされたとおもって観てみてはいかがでしょうか。ほんとにだまされたとしてもざんねんながら責任はとれませんが(笑)

児童期の読書-子どもらしい本を読まない子どもだった-180613。

ルーマー・ゴッデンはいいとおもうんですよ。ゲド戦記もいいし。チャペックもいい。和田誠の王さまもいい。

宮部みゆき「クロスファイア」-180610。

先日、宮部みゆき「クロスファイア」を読み返してみた。宮部みゆきさんの作品は どれも大長編だ。昨今はなかなか手がでない。 クロスファイア[上] 宮部みゆき | 光文社文庫 | 光文社 クロスファイア[下] 宮部みゆき | 光文社文庫 | 光文社 読み返すと ま…

知覧-鹿児島の作家さんの本・・・なにが「戦争」か-180602。

知覧特攻基地と富屋食堂とトメさんの話の本を読んでおもったこと。

親鸞/疵

しりあいにすすめられ五木寛之の「親鸞」を読んでみている。三部構成になっていて、各部上下巻の全6巻。そのうちの第一部上下巻を読み終えた。ものすごくおもしろくてページを繰る手がとまらない、とまではいかないが、主人公の親鸞の ゆくすえが気になり、…

アルスラーン戦記9巻/読みたい本1冊/見失うことへの不安感

2週間くらいまえに道でつまずいて足首の靭帯を何本かいっきに切る、すなわち重度の捻挫というそこそこのケガを負った。(いつも思うのだが、遭遇するトラブルとその結果のバランスがおかしい。)あんまりまじめに養生しなかったのでお医者さんに叱られたし叱…