BRILLIANT CORNERS-2

観た映画・読んだ本など関心ごとへの感想メインの、なんということのなさすぎる身辺雑記帳です。 少しずつ、いろいろ更新してまいります。 お気が向いたらお読みいただければさいわいです(^O^) ブログのタイトルは、セロニアス・モンクのアルバムから。「すみずみまで光り輝く」というような意味だそうで、なんとなくいいなとおもうもんで。

日記・できごと

ビッグイシューのカバーが真木よう子さん/「宝石の国」を観始めた-180621。

真木よう子さんがきれい。宝石の国もきれい。

読めない/市川春子「虫と歌」-180619。

市川春子さんという俊英を今日初めて知った。

「犬ヶ島 Isle of dogs(2018)」-180617。

犬ヶ島 すごくおもしろかった。 ※内容にやや触れています。

チャーリー・モルデカイおもしろくなかった-180616。

「チャーリー・モルデカイ」酷評

児童期の読書-子どもらしい本を読まない子どもだった-180613。

ルーマー・ゴッデンはいいとおもうんですよ。ゲド戦記もいいし。チャペックもいい。和田誠の王さまもいい。

接骨院の先生とのやりとり。-180608。

2日まえ、近所の接骨院にいった。空いていて、患者はわたしだけ。先生といろいろな話をした。正直なところいうと死にたいと考えていると 話した。先生は、その死にたいは 死にたい ではない、と。何か、違う気持ちの可能性があるからほんとうの気持ちをもっ…

目黒区の小さい子が亡くなった事件…「謝罪文」に思うこと。-180609。

自発的に書いたのではない。保護者に書かされたんじゃないのか。目黒区の5歳の女の子が亡くなり、保護者が逮捕された。女の子がノートにつづっていた文が公開され 話題になっている。もう悪さをしないからゆるして、といった趣旨の保護者にむけた痛切な 謝罪…

知覧-鹿児島の作家さんの本・・・なにが「戦争」か-180602。

知覧特攻基地と富屋食堂とトメさんの話の本を読んでおもったこと。

ぎっくり腰のシーズン/夢をみる/Nicc-180530-180531。

近所の接骨院の先生が 言っていたんだけど、ぎっくり腰のシーズン、があるそうだ。先生は、季節の変わり目ごろに・・・、とかそういうふうには言ってなかったが、年間で、ぎっくり腰の症状を訴える人が あきらかに多いと感じる時期があるという。「今年もそ…

祖父母の法事から-180526。

土曜日、おじいさんとおばあさんの法事があった。

アルスラーン戦記9巻/読みたい本1冊/見失うことへの不安感

2週間くらいまえに道でつまずいて足首の靭帯を何本かいっきに切る、すなわち重度の捻挫というそこそこのケガを負った。(いつも思うのだが、遭遇するトラブルとその結果のバランスがおかしい。)あんまりまじめに養生しなかったのでお医者さんに叱られたし叱…

連休のおもいで-ラフォルジュルネTOKYO/散走-180505。

連休中にしてたこと。ラフォルジュルネをちょっとだけひやかした。ドヴォルザークも聴いた。

粗忽が過ぎる-180501。

ことやものを忘れる 約束ごとの日にちとか誤認する何もないところで転ぶ、ぶっつける、落とす、言葉をまちがえる昨年暮れに倒れたあたりから。もともとぼんくら傾向の人間ではあるが、「忘れる」とかは、ないほうだったのに。それが昨今どうも わがことなが…

hide 20th メモリアルイベント-180429

きのう聴いてきた。 hide20th-spirits.com いまの自分は 生来の「暑さが苦手」にくわえ体調の波、人混み不可、「音」への不安、長時間の移動不可などなど各種トラップが体の周辺にはりめぐられた状態にあり野外イベントとか問題外だとおもってきたが幸運にめ…

シュタイナー哲学の講読講座を受けだした-180428

ルドルフ・シュタイナーの、講読講座を受け始めた。会場が近くてありがたい。昨年暮れに倒れて仕事を辞め 体は壊れて動かず心もなんだか死にたいおもいにさいなまれなにもかも失ったみたいなかなしいきもち。それでも ぼんやりする頭のなか、勉強したい、と…

呆然散歩/KAJALLA#3-東京千穐楽/「双亡亭壊すべし」7-8巻

日曜日。散歩。小林賢太郎さんの舞台2回め。藤田和日郎「双亡亭壊すべし」8巻もおもしろかった。

東京呆然散歩/ホームレスのおじさまとリーアム・ニーソン/再会の桜/中里学

きょうという日曜日

小休止-20180326

以前、自分なりに考えてみた結果 おもいあたったことなのだけれど、わたしは心身ともに堕ちれば堕ちるほど多少ましなものが書けるようなのだ。だからいまのうちに書いとけと おもわなくもないがなんといっても体が言うことをきかないレベルの場合これは どう…

ほぼ寝てた日曜日

きのう 外出時に体調を崩してからおちつかず外出予定をほとんどとりやめて家で寝てた。近所をすこし散歩はした。帰りに図書館に寄った。クロイツエルソナタを光文社古典新訳文庫で読んでみることにした。でも まえに(トルストイじゃないが)誤訳だらけだと…

グレイテスト・ショーマンの1シーンにおもうこと

なんとなく腑に落ちなかったシーンがあったけど もう気になりません。

小休止-20180322

つまんないこと気にする、それが人間。気にしなくていいよって まわりが言っても始まりません。気にならなくなるまで努力するのか、自分には解消できないとあきらめて、今後も気にするのか、気になるけどそれが何か!?と居直るのか、道はさまざま。ただ、は…

気づいたこと。

気づいたこと。なんらかの「対立」に直面したときの自分の対処方法として特徴的なこと、または行動のクセ→なにはともあれ 一対一で、真正面から向き合って、本音で話し合おうとする。 相手の事情やきもち、タイミングなどを考えることなく。 そうすることが…

痛恨

だれよりも大切におもう人が寄せてくれた厚意を、やさしさを、思いやりをわたしはけっきょくのところ すべて無視した。何度となくさしのべられた手を とろうとはしなかった。無視していなかったら どうなっていたかなとおもう。手をとっていたならば どうな…

アドルフ・アイヒマン

「100人の死は天災だが、1万人の死は統計にすぎない」・・・本人「我々は誰でも等しくアイヒマンの後裔、少なくともアイヒマン的世界の後裔である。我々は機構の中で無抵抗かつ無責任に歯車のように機能してしまい、道徳的な力がその機構に対抗できず、誰も…

お読みくださりありがとうございます

多くのかたが当ブログにお越しくださりたちどまって読んでくださっていることをしかと 把握しております。心より感謝申し上げます。今まで基本的にまったくなんの内容もない・・・誰もかなしませないけど 誰にも求められておらず誰のことも楽しませない、み…

今後どのように生きていこうか問題への暫定的な結論

今後の身の振りようについて考えた。 そんな気力がすこしわいてきたので。

おのれをあざけるのはさもしいことである。それは、ひしがれた自尊心から来るようだ。

自分の思考、自分の志向であるはずと信じてきたものが、よくよく考えてみると どこかのだれかのお仕着せだったかもしれないって おもうことがある。嫌われたくないばっかりに 受け入れてもらえそうな考え方を さも自分自身のものであるかのように語り怒られ…

聞き届けられる場合もある/充電器が燃えた/「マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年 MANOLO: THE BOY WHO MADE SHOES FOR LIZARDS」

衆院予算委員会議事録。家が燃えかけた。シューズブランド「マノロ・ブラニク」創始者のドキュメンタリー映画の感想。

思考よりも体が先/「ホワイトハウス・ダウン WHITE HOUSE DOWN(2013)」。

テレビで放送されていた映画ホワイトハウス・ダウンの感想。結論をいうと つまらなかった(^^)

計算ができない/「殺人の追憶 살인의 추억(2003)」。

こもりきりだから映画とかずいぶん観てしまいます。きょうは韓国製映画「殺人の追憶」。ねたばれはしてないです。