BRILLIANT CORNERS-2

本や映画の感想をおもに記録しています。まれにやる気があるときは別のことも書いています。

思考の断片-いろいろ

<再掲>露出狂のきもち。-190216。

過去のエントリの再掲。

とほほ/しがみつく-190214。

仕事をしていたときに、あまり頭をつかわなくても進められる作業だったからかよけいなことをいろいろおもいうかべてしまい、まいった。とりかえしようもない 過去のあやまち人の心をふみにじってしまったことそういうのをおもいだして。後悔ほど つらいきも…

コーヒーの飲みかたドヘタ病とヘンな腰痛/友だち/耽溺・邪宗門-190202。

おなかがすいているところにブラックコーヒーを4杯も飲んだせいか胃が痛く、すごく気分が悪い。なにやってんだ。なんかあんまり深く考えずにコーヒーをすぐに淹れてしまいたまに あ、いま 空きっ腹だったと 飲んでから思い出して調子がわるくなり数時間寝込…

神棚光臨。-190125。

本棚できた。宮本くん、ありがとう。

そもさん-8-190113。

きのう 外出したときのことだが、一緒にいた人は わたしがフラッシュバックを起こすおそれがあることを知ってくれている人だった。仮にフラッシュバックが起こったとき、なにかしてほしいことはある?と聞かれた。わたしはほとんど間をあけることなく「わた…

まだまだ/「眺めのいい部屋」/「宝石の国」-190110。

宝石の国のアニメ8話とかについてのこと

2019あけましておめでとうございます。-190104。

少々おくればせですが、あけましておめでとうございます。わたしと 直接おつきあいのあるかたにおかれましては本年もなにとぞ よろしくお願い申し上げます。つきあいが今はないかたも 偶然にせよなんにせよこのブログをのぞきにきてくださって、ほんとうにあ…

幅90センチ-181223。

きょう ベッドが納品された。中学生のときからの腰痛持ちだ。 肩こりと頭痛もかなりある。 座って本読んでるか 書いてるかのどっちかみたいな 生活をしてきたのだし、 そういう仕事ばっかりしてきたし しょうがない。 おまけに不眠傾向がある。 すべて、原因…

へたでよかったのに/ラジオが好き/私は風-181220。

あんまりほかの人のブログ読まない。楽しみにしてるサイトとかそういうのもあんまりない。内田樹さんのブロゴスだけは読んでる。これも自分で見つけ出したわけじゃなく仲良くしているおねえさんにおしえてもらった。今やすっかり内田樹さんの文章のファンだ…

くたくた。-181219。

この3~4日のできごと。

痛いしかゆい/叱りたくない/書棚をつくるのだプロジェクト進行中。-181211。

ワクチン接種あとがまだ痛む。後輩がものすっごい叱られていた。自分だったらどうするか。書棚プロジェクト。

おじいさんを凍えさせた夜-181201。

おとといの20時くらいのこと 駅前の商店街を 散歩していたときに、 スーパーマーケットの 前あたりで、おじいさんに声をかけられた。 というか気づいたときにはもう、 お相手をしなければ ゆるされないと感じる程度に 間合いを詰められていた。 「〇〇〇〇は…

露出狂のきもち。-180823。

誰かに読まれていること前提でおのれの心をさらすというのが、自分にとっていったいなんなのかが、いまだによくわからない。

山口県の男の子が無事に見つかった/友だちが出産/「黒祠の島」-180816。

山口県の男の子が見つかったのはよかった。友だちが赤ちゃんを産んだ。小野不由美「黒祠の島」。

Bが部屋にきた。/近況。-180812。

深夜のお客。

鴨川ホルモーおもしろくなかった。-180716。

「鴨川ホルモー」を観てみた。(本木克英監督、2009年、日本)ぜんぜんおもしろくなかった。ただ「偉大なる、しゅららぼん」よりは ずっとましにおもえた。「レナウン娘」の歌と踊りを奉納するシーンなど悪くないところが いくつかあった。初陣で醜態をさら…

ベルセルク-むかしのいくさについておもったこと-180714。

「覇王の卵」「ドルドレイ攻略」をゆうべ夜通し観なおした。何度もみても、またみると、それまで気づかなかったことに気づいたりする。CGによる人の動作の表現が不自然で、やっぱりどうしてもすこしは気になるが、限界があるなかで 必死に伝えようとした結果…

まるがかえでやっていこう(病める人を閉じ込めたところで始まらない)-180710。

殺人や傷害などの凶悪な事件が発生し、その犯人の逮捕が報道されるとき、「〇〇容疑者には精神疾患の罹患歴があり」「〇〇は精神科クリニックに通院していたとの情報もあり」というのが、付くことがある。「死亡した〇〇さんは精神疾患をわずらっており警察…

いとこの3きょうだいと、わたし自身のきょうだいと、母-180708。

内田樹さんが ご自身のサイトで、 内田樹の研究室 「死刑の存否について、『どちらか』に与して、断定的に語る人を私はどうしても信用することができない。死刑は人類の歴史が始まってからずっと人間に取り憑いている「難問」だからである。」「『答えを求め…

児童期の読書-子どもらしい本を読まない子どもだった-180613。

ルーマー・ゴッデンはいいとおもうんですよ。ゲド戦記もいいし。チャペックもいい。和田誠の王さまもいい。

接骨院の先生とのやりとり。-180608。

2日まえ、近所の接骨院にいった。空いていて、患者はわたしだけ。先生といろいろな話をした。正直なところいうと死にたいと考えていると 話した。先生は、その死にたいは 死にたい ではない、と。何か、違う気持ちの可能性があるからほんとうの気持ちをもっ…

目黒区の小さい子が亡くなった事件…「謝罪文」に思うこと。-180609。

自発的に書いたのではない。保護者に書かされたんじゃないのか。目黒区の5歳の女の子が亡くなり、保護者が逮捕された。女の子がノートにつづっていた文が公開され 話題になっている。もう悪さをしないからゆるして、といった趣旨の保護者にむけた痛切な 謝罪…

知覧-鹿児島の作家さんの本・・・なにが「戦争」か-180602。

知覧特攻基地と富屋食堂とトメさんの話の本を読んでおもったこと。

そもさん-7-180529。

商社の営業事務だったときのこと。自分よりも10ちかく年下の同僚が、営業に「めんどうなことを頼んでしまってごめんね」とかなんとか あやまられたときに、こう返した。「いえいえー、お仕事ですから。」それを聞いて、この子は おとなだなあー と思ったこと…

親鸞/疵

しりあいにすすめられ五木寛之の「親鸞」を読んでみている。三部構成になっていて、各部上下巻の全6巻。そのうちの第一部上下巻を読み終えた。ものすごくおもしろくてページを繰る手がとまらない、とまではいかないが、主人公の親鸞の ゆくすえが気になり、…

新潟の小さい子の事件の速報にふれて-180514。

きのう、平清盛の全盛期(爛熟期?)にあたる時代をえがく映画「地獄門」をみたところへ続けて、人にすすめられてきょうから五木寛之の「親鸞」を読みはじめたら、こちらは平清盛と後白河上皇の関係が悪化し、平氏にあらずんばの時代にかげりがみえはじめるこ…

アルスラーン戦記9巻/読みたい本1冊/見失うことへの不安感

2週間くらいまえに道でつまずいて足首の靭帯を何本かいっきに切る、すなわち重度の捻挫というそこそこのケガを負った。(いつも思うのだが、遭遇するトラブルとその結果のバランスがおかしい。)あんまりまじめに養生しなかったのでお医者さんに叱られたし叱…

わからないのはバカだからじゃない-180504。

足を傷めているし 天気もやや荒れていたからここ2日は遠出をせずにおいた。本を読んですごした。ゲド戦記で涙ぐんだ。受講中のシュタイナー講座のテキストになっている、「教育の基礎としての一般人間学」「自由の哲学」にくわえて「いかにして超感覚的世界…

そもさん-6-180430。

人は、みずから設定した、こうあるべき的枠組みにみずから入っていくくせに、その枠のなかで苦しがる。枠外だと感じることも、やっぱり苦しい。子どものときにはゲームの何を持ってる どんな家に住んでるお母さんお父さんが何してる 誰が好ききらい・・・余…

シュタイナー哲学の講読講座を受けだした-180428

ルドルフ・シュタイナーの、講読講座を受け始めた。会場が近くてありがたい。昨年暮れに倒れて仕事を辞め 体は壊れて動かず心もなんだか死にたいおもいにさいなまれなにもかも失ったみたいなかなしいきもち。それでも ぼんやりする頭のなか、勉強したい、と…